チリの安旨ワインの顔!コセチャ・タラパカ2015

本日の紹介するワイン。10月20日に投稿した、「お得情報!安くて美味しいワインを選ぶコツと基準とは!?」で、お買い得コスパ上等のワインとして挙げた、「コセチャ・タラパカ」を紹介いたします。
●その記事はこちらを参照ください
今回のワインは、そのコセチャ・タラパカの中でも、カベルネ・ソーヴィニヨンという品種について紹介します。
          ブログランキング・にほんブログ村へ      



【本日の記事内容】
1.コセチャ・タラパカ2015とは
2.コセチャ・タラパカのラベル・香り・味
3.総合的評価



1.コセチャ・タラパカの概要


20161023_152649-1[1]
<ワインショップ・ドラジェのサイト出典>
タラパカのルーツは、今から約130年前の1874年。同地の土壌は、火山性の小石が入り混じり、有機成分が多く水はけが良い等、ぶどうの栽培に好適な条件がそろっており、特にカベルネ・ソーヴィニヨン等の品種に適しています。
タラパカは、醸造設備を更新し、チリのマイポ・ヴァレーに2600haのワイナリーを購入しました。また、ヨーロッパの第一線で活躍していた技術者をスカウトし、世界で通用するワインを作り始めました。
そんなタラパカのワインは、瞬く間に世界中のワインコンクールやワインメディアの目に留まり、2001、2002年には、2年連続でチリの「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」にも選出されました!
これまでに実に200個以上のメダルを獲得!!という、快進撃を続けています!!
ここ日本でも、2007年にチリからミチェル・バチェレ・ヘリア大統領が来日した際に、開かれた晩餐会でのこと。チリ大統領が主宰したこの晩餐会には、タラパカの社長も招待され、一部の招待客には、タラパカのワインがお土産として贈られたとのこと!!

このように、とてもチリでは評判高いワイナリーです。もちろん、日本でもとても有名なワインメーカーです!
その証拠に、多くのスーパーや酒屋さんでこのワインを取り扱っており、全国各地で購入することができます。
ちなみに、このコセチャとは!
ぶどうがスペイン語で収穫された年のことです。AñadaまたはAñoと記されることもあります。


2.コセチャ・タラパカのラベル・香り・味


20161023_152703-1[1]
20161023_152713-1[1]
ラベル(エチケット)は、歴史を感じさせるもの。ボルドーのエチケットにありそうなものですね。
ワイナリーとぶどう畑をプリントするのは、相当な自信だと思いますが、どうでしょうか?
お手軽なワインにしては、とても品のあるエチケットだと思います。
色合いは、深い色。光にかざしても透けないくらいの深いガーネット色。イタリアワインよりも、フランスのボルドー当たりの色合いに似ているような気がします。
香りは、フルーティーなものというよりも、強くミネラル臭があるもの。どちからというと、フルボディに寄せているような気がします。カベルネ・ソーヴィニヨンの味に期待ですね。
味は、ミネラルの臭みを感じつつも、カベルネ・ソーヴィニヨンの味をしっかり感じられるものです。
この値段ですから、フルボディを期待したらかわいそうで、ミディアムボディの安いカベルネだと思って飲むと、期待以上の満足度が得られます。じっくりスワリング飲むと、深い味わいが楽しめます。


3.総合的評価


このワインは、チリワインの特徴を最大限に引き出していると思います。
チリワインのカベルネ・ソーヴィニヨンは、略してチリカベと呼びます。そのチリカベの中では、コノスルやドン・メルチョーなど、色々なワイナリーがありますが、この「タラパカ」は標準よりも美味しいと個人的には思います。
カベルネの味を最大限に引き出しつつも、安旨ワインにあるような薄っぺらい味わいを消しています。だからと言って、本格的な深みがあるかというと、もちろん限界がありますが、この値段を考えると十分だと僕は思います。
700円出してコノスルを選ぶか、500円でタラパカにするか、選択肢はどちらかでしょうか。
いずれにしても、十分及第点!だと言えます。
総合的評価:72点!!
【評価点数の説明】
90~100 感動的なワイン!!
80~89  一度は飲んでみて欲しいワイン!
70~79  美味しいワイン
60~69  平凡なワイン
59以下  買ってはいけないワイン
ワインはポイントサイト(ポイントタウン)を通して購入すると、とってもお得です!
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ここからポイントタウンに登録すると、500ポイントもらえて、さらにお得です!
ポイントタウンの概要と、お得な利用方法に関しては、こちらの記事を参照ください。

最新情報をチェックしよう!