あなたは楽天派?Yahoo!JAPAN派?各カード作成まとめ

こんにちは、バカワインです。
現在、クレジットカード(クレカ)の入会コンテンツが熱い!
定期的に、楽天カードではポイントアップキャンペーンを実施していますが、現在Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)も競り合っています!
それぞれのカードの利用方法も含めて、どちらのカードを作成したらよいか、まとめてみました。
では、ご覧ください。
※興味のない方は、下のバナーから、他のためになる節約サイトをご覧ください。
          ブログランキング・にほんブログ村へ      


       【目次】

1.クレジットカードの激熱入会コンテンツとは!?

現在、「Yahoo!JAPANカード」「楽天カード」入会がとってもお得!
カード会社のキャンペーンに加えて、ポイントサイト独自のキャンペーンのダブルパンチ!これは熱い!
それぞれの獲得できるポイントを見ていきましょう。

【楽天カード】
20170811-140015.jpg
20170811-134338.jpg
20170811-130305.jpg
(楽天ポイント)5,000ポイント+(ポイントサイト)8,800ポイント=13,800ポイント!!

【Yahoo!JAPANカード】
20170811-132829.jpg
20170811-134200.jpg
20170811-130548.jpg
(Tポイント)最高12,000ポイント+(ポイントサイト)4,200ポイント=最高16,200ポイント!!
Tポイントゲットの方法はこちらをご覧ください。

この通り、総合的に見ると、一番クレジットカードの入会にオススメなのがポイントサイト「げん玉」!!
トータルで10,000円を超える額のポイントをもらうことができます!!
そして、げん玉で得たポイントは現金やマイレージ(マイル)交換可能!楽しい使い道が考えられますね。

【げん玉からのカード作成方法は簡単】
20170811-141213.jpg
作成したいカード名を、げん玉トップページの検索ツールに入力。
出てきたカード会社のバナーから登録するだけ。

クレジットカード入会以外にも、ゲームやクリックだけでお金を貯められる「げん玉」はこちらから入会を♪

2.クレジットカードの比較!

げん玉を経由すると、「楽天カード」と「Yahoo!JAPANカード」のどちらも同じくらいお得に入会できることが分かりました。
しかし、それぞれのクレジットカードのどちらに加入すれば良い?
という疑問が浮かぶと思います。
そのために、それぞれの比較をしてみました。

2-1.楽天カードまとめ.

【楽天カードの内容】
■申込資格:18歳以上で日本在住の方
■国際ブランド:JCB/VISA/Mastercard
■年会費:無料
■ポイント還元率:1.0%~4.0%
■ポイントプログラム:楽天スーパーポイント
■ポイント有効期間:最後にポイントを獲得した月を含めた1年間 ※期間限定ポイントは対象外
・SPU(スーパーポイントアッププログラム)
楽天市場の買い物でポイントいつでも4倍(通常ポイント1倍に加え、楽天カード利用で+3倍)。また、楽天市場アプリからの買い物で+1倍、楽天モバイルの利用で+1倍と、最大6倍のポイントが付与。
■提携電子マネー
■楽天Edy

ではその特徴は!?他のクレジットカードとの違いは?
①「100円毎に1ポイント」のポイント還元率!
他のクレジットカードでは、「1000円毎に10ポイント」ですので、900円利用してもポイント0。
楽天カードは「100円毎に1ポイント」ですので900円利用で9ポイントが付与!
この違いが分かりますか!?大きな違いですよね。
②SPUプログラムで最高7倍のポイント還元!
20170811-142548.jpg
SPU(スーパーポイントアッププログラム)のお陰で毎日ポイントが何倍にも!
詳細はこちらをご覧下さい
③楽天ポイントをANAマイルに交換!
貯まった楽天スーパーポイントは、ANAマイルへの交換することができます。
楽天市場や楽天ブックスを使わない方は、マイルに交換することができます。
楽天ポイント50ポイント=ANA25マイルに交換できる最低交換レートは、Tポイントよりも利便性が良いですね。
20170811-143131.jpg

2-2.Yahoo!JAPANカード(YJカード)のまとめ

■申込資格 :有効なYahoo! JAPAN IDをお持ちの方で、18歳以上の方(高校生を除く)
■国際ブランド:JCB/VISA/Mastercard
■年会費:無料
■ポイント還元率:1.0%~3.0%
■ポイントプログラム:Tポイント
■ポイント有効期間:12ヶ月
・Yahoo!ショッピング・LOHACO利用でポイント3倍
■提携電子マネー:nanaco

ではその特徴は!?他のクレジットカードとの違いは?
①Tポイントの提携先がとっても多い!
コンビニのファミリーマートや、ガソリンスタンドのエネオスなど、594,484店舗(2016年12月末)と提携しているTポイントは、色々な店舗においてポイントが貯めやすい!
対する楽天ポイントは、リアル店舗14万+楽天市場4万店舗以上と、Tポイントが有利。
②ANAマイルの交換が可能
貯まったTポイントをANAマイルに交換することができます。
Tポイント500ポイント=ANA250マイルの最低交換レートは、楽天ポイントよりもやや劣りますね。
20170811-145034.jpg
③「ヤフオク」×Yahoo!JAPANカードでお得!
「ヤフオク」をしている人は、Yahoo!JAPANカードがお得!
オークションの出品や購入でのポイントキャンペーンや、Tポイントが利用できる点でお得ですね。
電脳せどりをしている方にはお得。

2-3.どっちのカード作成がお得!?

Yahoo!JAPANカードの方が、街で利用する提携先が多い分、お得。
一方、マイルへの交換、楽天市場での還元率が高い分、楽天カードの方がお得。

…これは「どちらがお得!?」という答えを出すのは難しいですね。
それぞれの強みと弱みがありますから、それらの個性をしっかり理解して、自分の生活シーンにどう活用するかを検討することが重要です。
そして、それぞれの良さを最大限に活かす利用をしましょう!
つまり、どちらのクレカも同様にお得!ということ。

結果、「どちらでも良い」という逃げの一手。
いやいや、どちらもよく内容を見てもらうと分かるように、すっごくお得なんですよね。
街で利用するか、ネットショッピングをするか、どんな風に利用するかをよーく考えて、作成しましょうね。

3.本日の記事まとめ

今回は、楽天カードとYahoo!JAPANカードのお得なキャンペーンを紹介しました。
それぞれとっても高ポイントがもらえます!
それをポイントで利用するのもよし、ポイントサイト「げん玉」のポイントを現金に替えるもよし。
そして、それぞれのクレジットカードの比較では、甲乙つけられないくらい、どちらもお得なカードであることが分かりました。(あくまでもバカワインの目線ですのでご了承ください)
「楽天カード」「Yahoo!JAPANカード」いずれを作るにしても、今がお得なタイミングです!!
作成前には、必ずポイントサイト「げん玉」に登録しましょう!

最新情報をチェックしよう!