bijardine-eyecatch

島根ワイナリーの赤ワイン「ビジャルダン」レビュー

今回紹介するワインは、島根ワイナリーの赤ワイン「ビジャルダン」。

いただきものの日本産ワインですが、これが珍しいワインだったので紹介します。

最後までゆっくりとご覧ください。

 

島根ワイナリーの赤ワイン「ビジャルダン」とは?

今回紹介するワインは国産ワインです。

「島根ワイナリー」という島根県のワイナリーで造られたワインです。

実は、どこにでも売っているワインではないんですよ。結構な珍しいワインです。

 

足立美術館限定「ビジャルダン」の内容

ワインの箱
vijardine-box
ワインのエチケット(ラベル)
vijardine-botlle-front
ラベルの裏面
vijardine-bottle-back

商品名ビジャルダン(bijardine)
産地日本/島根
生産者島根ワイナリー
タイプ赤ワイン(ミディアムボディ)
品種不明
輸入業者なし
ヴィンテージ不明
アルコール度12%
容量720ml
価格1,500円程度(贈答品のため詳細不明)
その他特徴特になし

 

足立美術館限定「ビジャルダン」の特徴

ビジャルダンの特徴

■裏ラベルの記載
四季折々に様々な表情を見せる足立美術館の日本庭園。
枯山水庭、菩庭、池庭、白砂青松庭など50,000坪におよぶ広大な日本庭園は、フランスの旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」において山陰で唯一、最高評価の「三つ星」に選定されています。
名画と名園が織り成す「美」とフランス語の「ジャルダン(庭園)」から生まれた「ビジャルダン」。
フロントラベルには「三つ星」が輝きます。

■製造者「島根ワイナリー」
島根ワイナリーは、島根県出雲市大社町菱根にあるワインメーカー。
1959年からぶどう醸造を開始し、1986年に「島根ワイナリー」と名称変更。
ワイン醸造館の他、試飲即売館「バッカス」、バーベキューハウス「シャトー弥山」、ビストロ&カフェ「シャルドネ」で楽しめます。
「島根ワイナリー」ホームページ

■「ビジャルダン」の販売先
島根県の「足立美術館」の分館売店、「清松庵」限定の赤ワインです。
ちょっと調べましたが、もちろんネットでは販売はしていませんでした。

■スクリューキャップ

「足立美術館」限定のワインとのこと。
これは貴重なワイン。ありがたくいただくとしましょう!

 

「ビジャルダン」を実飲!美味しい?まずい?

それでは、この「ビジャルダン」を実飲してみましょう!

ここからはレビューに移ります。

ワインのビジュアル・香り・味について

20180615_185047.jpg
20180615_185057.jpg
20180615_185146.jpg
それでは、いざ実飲!

【ビジュアル】

ボトルの説明書きにも書いてあるように、ラベルの中央上部に控えめに★★★が描かれています。

ビジャルダンって、「Vijardine」って綴るんですね。カッコええわー。

そしてラベルには、足立美術館の庭園画像が貼られています。

枯山水と緑のコントラスト。めっちゃキレイですねー。

いつか、是非間近で観てみたい。

グラスに注いだ色合いはスカーレット色。

上記の画像で言うと、3枚目の上から眺めたものが一番分かりやすいと思います。

光にかざすとキラキラと、宝石のようでとってもキレイ。

総じて日本のワインはこのような色合いのワインが多い印象(←あまり国産ワインを飲まないので、素人表現です)。

色合いからは、マスカットベリーAかな?という印象を受けます。

 

【香り】
グラスに注ぐと、爽やかな香り。

これは軽くたばこ(スモーキーと言う意味で)、春の花の香り。

香りが襲ってくるというものではなく、うっすらと鼻腔をくすぐる辺りが、春らしさを感じます。

決してグイグイと主張するタイプではなく、「おしとやかな陰のある女性」を感じさせる印象。

 

【味】

まず感じるのが酸味。

アタックの弱い、軽い口当たりはまさしくライトボディのそれ。

タンニンはしっかりと感じます。

そしてアロマと同様に、花の蜜のような旨味がジワジワ来ますね。

ただし、人工的に加工された甘さや味わいではないので、料理の邪魔をすることはありません。

アルコールも12%と低いことから、スルスルと飲めますね。これは要注意。

味わいはあっさり、さっぱり、さわやかという表現が当てはまりそうです。

その味わいからも「マスカットベリーA」かな?と思いましたが、全く自信はありません。(笑)

際立った特徴はありませんが、万人受けするだろう味わいです。

 

「ビジャルダン」の総合的感想(レビュー)!!

まずは、この貴重なワインをいただいた親戚に感謝ですね。

自分ではまず買わないワインですから、このようなプレゼントって自分の知識の幅を広げてくれます。

今回、「島根ワイナリー」や「足立美術館」を調べることができて、色々賢くなった気がします(キリッ!)

このワインを飲んで感じたのは、日本のワインってこのような食事の邪魔をすることがない、ライトなワインが多いなってこと。

たまたま僕の飲むワインがそうなのか、日本の食事に合わせてのことなのか、日本人の好みなのか。

いずれにしても、洋食だけでなく和食を含めて、食事とマリアージュするだろう飲み口は、好感度が高いですね。

今回飲んだ「ビジャルダン」は、足立美術館の日本庭園よろしく、どこか陰がありながらも万人受けするだろうワインでした。

足立美術館でしか手に入れることができないので、とっても貴重なワイン。

食事を邪魔することがなくマリアージュする飲み口は、汎用性が高いと感じました。

【評価点数の説明】

90~100感動的なワイン!
80~89一度は飲んでみて欲しいワイン!
70~79美味しいワイン
60~69平凡なワイン
59以下買ってはいけないワイン

 

ワインの購入は楽天市場×ポイントタウンがお得!

今回ご紹介した「ビジャルダン」は、もらいものの赤ワインでした。

前回紹介した「安心院ワイン 卑弥呼 赤」と同様に国産ワインでしたが、ライトボディで料理を邪魔しない、まずまず楽しめるワインでした。

テーブルワインにしては十分楽しめて、料理も十分に楽しめるのでオススメです。

それはそうと、普段僕はワインは楽天市場で購入しています。なぜなら、以下のメリットがあるから!

■重いワインを持って帰る必要がない
■価格が超安い!楽天市場ならポイント最大43倍(43%オフ)!
■ポイントサイトを利用すればさらに安くなる!
■他ユーザーの口コミが見られて、参考になる
■セット購入なら、最大12本まで同梱可能!
■安心できる店舗ならワインの保存がしっかりしている

楽天市場で購入すると、これらのメリットがあります。

ただし、同じ“楽天市場でワインを購入する”でも、月に一度開催しているセール以外ではお買い物しないようにしましょう!

その購入金額に大きな違いが出ますよ。

その根拠や、楽天市場のお得な利用方法はこちらの記事をご覧ください。

 

 

【ポイントタウン】

ポイントタウンでは、楽天市場や楽天トラベルなど多くのECサイトを経由することで、1%~のポイントがもらえます!

そのポイントは、現金や航空マイル(マイレージ)に交換可!

その他、毎日ゲームなどの利用で、確実にお小遣いを貯められます。

さらに独自の会員ランクがあって、商品購入で獲得したポイントの一定割合をボーナスポイントとしてもらえるんです!

僕はこれが「ポイントタウン」をオススメする理由!こんな高還元は他のポイントサイトにはありません!

プラチナ会員ですが、なんと15%ものポイントが上乗せされる!!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

bijardine-eyecatch
最新情報をチェックしよう!