楽天証券のお得な始め方ガイド(SPU&ポイントサイト対象)

楽天市場を利用していて、SPUを意識しない方はいないでしょう。

SPUのサービスのうち、楽天銀行や楽天カード、楽天ブックスなど、誰でも利用しやすいサービスもあれば、楽天証券などの比較的に手を出しにくいサービスもあります。

筆者は2021年8月に楽天証券を初めて利用しましたが、証券の知識が全くなくても簡単に利用することができました。

資産の運用からSPUの活用まで、色々な理由で楽天証券を始める方がいると思います。

今回はそんな方々向けに、楽天証券の始め方について紹介いたします。

お時間の許す限り最後までご覧ください。

 

【今回の記事を特に読んでいただきたい方】

  • 楽天証券をこれから始めたいと考えている方
  • 楽天市場のSPUを+1倍にしたい方
  • 証券の利用に抵抗を感じている方
  • 楽天市場でよりお得にお買い物したい方

 

広告

楽天証券とは?楽天経済圏におけるSPU対象の証券会社

それでは、まず楽天証券の内容について紹介します。

 

楽天証券とは?新規口座開設数など多くのジャンルで№1

楽天証券のロゴ

楽天証券は多くのジャンルでナンバー1

楽天証券の評価
NISA・積立NISA◎(積立NISA銘柄数:177銘柄)
投資信託数2,701本
外国株6か国(米国株取扱銘柄数:3966銘柄)
ミニ株△(売却のみ)
口座開設数約600万口座
口座開設最短日数翌営業日

2021年8月現在

このように、楽天証券は多くのジャンルで№1を獲得している証券会社です。

楽天証券のホームページはこちらからご覧ください。

 

楽天証券は楽天経済圏のサービスの1つ

楽天経済圏のイメージ図

楽天経済圏は多くのサービスで溢れています。

楽天経済圏のもつサービス(一部)
ネットショップ楽天市場
プロ野球球団楽天イーグルス
ネット本屋楽天ブックス
ネットバンク楽天銀行
クレジットカード楽天カード
ブランドショップサロン検索&予約アプリ
携帯電話楽天モバイル
オークション(フリマ)ラクマ
証券会社楽天証券
生命保険楽天生命
ふるさと納税楽天ふるさと納税
旅行サイト楽天トラベル
その他(サッカー)バルセロナ(スポンサー)
その他(サッカー)ヴィッセル神戸(スポンサー)

このように、多くのサービスを抱え、ユーザーが利用できるサービスはどれをとっても「楽天ポイント」が貯まります。

楽天ポイントは、楽天経済圏のサービスを利用すればするほど貯まりやすくなります。

 

楽天経済圏とは何か、そのメリットを紹介します

 

 

人気の理由はとにかく安いこと!自分に合った2つのコースを選択しよう

楽天証券はとにかく安い

投資初心者であれば取引コストはなるべくおさえたいもの。

楽天証券の人気の理由は、手数料が安いことも嬉しいポイントです。手数料の種類は「超割コース」「いちにち定額コース」の2つ。

楽天証券の手数料の種類

  • 超割コース
  • いちにち定額コース

「超割コース」では5万円までの約定代金であれば50円(税抜)、10万円までは90円(税抜)と、楽天証券では業界最低水準の手数料が設定されています。さらに手数料の1%分がポイントバックされることも魅力。

「いちにち低額コース」は投資初心者におすすめなコース。1日の取引金額が合計100万円までであれば手数料は無料のため、国内株式の99%近くが手数料無料で取引できます。

 

【マネーブリッジ】楽天銀行&証券の口座連携で金利が優遇

楽天証券のマネーブリッジ

楽天経済圏でまとめたい方は、「マネーブリッジ」を利用するとよいでしょう。

マネーブリッジとは、楽天銀行と楽天証券の間で“お金の橋渡し”をするサービスのことです。

【マネーブリッジの機能】

  • 優遇金利
  • 自動出入金(スイープ)
  • ハッピープログラム
  • 残高表示サービス
  • 投資あんしんサービス
  • らくらく入出金

マネーブリッジを利用することのメリットは、①楽天銀行の普通口座の金利が、通常の5倍の0.10%となる優遇金利、②楽天銀行と楽天証券間で自動入出金(スイープ)が手数料無料で可能、③楽天銀行のハッピープログラムの対象になる、この3点が代表的なものです。

らくらく入出金など、機能的に便利なものもあり、楽天証券を利用する場合は、楽天銀行との連携がお得で便利です。

 

楽天ポイントで投資ができる【SPU対象】

楽天ポイントで投資ができる(SPU対象)

 

楽天ポイントで投資ができる(SPU対象)

楽天ポイントで投資ができる(SPU対象)

楽天経済圏の証券会社だけあって、「ポイント投資」というサービスまで用意されています。

ポイント投資とは、楽天市場などで獲得した通常ポイント(期間限定ポイントは対象外)を投資に利用することができるサービスです。

現金を利用したくない方は、こちらでポイントだけ使って(併用も可能)投資することができます。

 

【ポイント投資はSPU対象】

楽天証券で、ポイントを使って投資信託を購入すると楽天市場でのお買い物での獲得ポイントが+1倍になります。

SPU対象となる条件は、「月1回500円以上のポイント投資(投資信託)と楽天ポイントコースの設定すること」です。

楽天市場のSPUについて分からない方はこちらから。

 

楽天市場ではSPUを意識してお買い物しないと絶対損!

 

【ポイントサイト対象】楽天証券の口座開設後、1ヶ月以内に1万円以上入金

楽天証券は口座開設後1ヶ月以内に1万円入金で、ポイントサイトも対象

画像はポイントタウンより引用

楽天市場の口座開設は、ポイントサイトの対象にもなります。

獲得できるポイントは高額ですが、単に口座開設だけではポイントがもらえません。条件をしっかり確認して利用しましょう。

 

【楽天証券のポイントサイト対象となる条件】

口座開設後、1ヶ月以内に楽天証券の口座に1万円以上入金が確認できた場合
※口座開設日は口座開設審査通過のお知らせ電子メールを受け取った日となります。
※楽天銀行連携サービスの自動入出金「マネーブリッジ」を利用した場合の入金も、指定金額が入金されていれば、ポイント対象

どのポイントサイトも一律4,000円分のポイント。

一緒な獲得ポイント数なら、№1ポイントサイト「ポイントタウン」を利用しましょう。

なぜなら、ポイントタウンは楽天市場との相性抜群だから!

その特徴を紹介していきます。

【ポイントタウンの強み一覧】

ポイントサイトといえば、まず「ポイントタウン」というほどオススメです。

 

ポイントタウンについてはこれを読めば一目瞭然

こちらのバナーからポイントサイトを利用できます。

ポイントタウンのバカワイン認定バナー

 

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

ここまで便利&お得な楽天証券について紹介してきました。

ここからは、画像付きで楽天証券の登録方法を紹介していきます。

 

まずはポイントサイト経由で楽天証券を利用しよう

まずはポイントタウンに登録しましょう(必要なのはメールアドレスと電話番号)
登録できるのは16歳以上の方のみです(未成年者は保護者の同意を得ましょう)。

▶下のバナーをクリックします
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

▶無料会員登録から利用します
ポイントタウン無料会員登録の案内図

 

▶メールアドレスの入力をしましょう!(登録はおよそ2分)
現在はFacebook、twitter、yahoo ID、Googleアカウントでも登録が可能になっています。

ポイントタウン無料会員登録

 

▶ポイントタウンの電話番号に発信します(必要なのは国内携帯電話か国内固定電話)
ポイントタウンの無料会員登録電話認証の案内図

▶登録の必要事項を入力しましょう。
パスワード、性別、生年月日、郵便番号、住所、ニックネーム、電話番号、メルマガ・ポイントメール、GMOポイントからのお知らせ、PCのお気に入りショップ登録(なしという項目あり)、ポイントタウン通知設定などを入力します。

ポイントタウン会員登録

これでポイントタウンへの登録は完了です。

ポイントタウンから楽天証券のバナーを探すには、“検索ツール”を利用しましょう。

ポイントタウンの検索ツール

楽天証券と入力すれば、こちらのバナーが出てきますので、こちらから楽天証券に登録しましょう。

 

楽天証券は口座開設後1ヶ月以内に1万円入金で、ポイントサイトも対象

 

楽天証券に登録から初めての投資までのフロー(スマホ、免許証、個人番号カード、銀行口座番号を準備します)

では、ここからは楽天証券の登録手順です。

スマホ、免許証、個人番号カード、銀行口座番号を準備しましょう。

筆者は楽天銀行ユーザーですので、楽天銀行で紹介していきます。

 

▶楽天証券のサイトから登録を始めます。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶メールアドレスを入力して、メール宛てにメッセージを送信します。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶メールに届いたメッセージをタップ(クリック)して、手続きを進めます。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶運転免許証、個人番号カードを登録します。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶申し込みが完了して、1~2営業日に審査の結果通知が届きます。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

 

▶審査に通過すると、口座開設完了とログインIDが届きます。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶勤務先など、各種情報も登録しましょう。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶ここでは楽天SPUの対象となるために「楽天ポイントコース」を選択します。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶振込口座の登録も済ませましょう。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

 

▶筆者の場合は投資信託を選択しましたので、そちらで楽天ポイントを500ポイント選択しました。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶500ポイントの利用で、投資が完了しました。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶取引暗証番号を入力して投資完了です。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

 

▶すぐに楽天証券がSPUの対象(+1倍)になりました。

楽天証券の登録手順を画像付きで紹介

▶ポイントサイトでの1万円分を現金投資する場合は、引き続き投資しましょう。

 

【まとめ】楽天証券は対象でもポイントサイトでもお得!

今回は楽天証券について紹介しました。

楽天証券は楽天経済圏の証券会社です。手数料が安く、楽天銀行とのマネーブリッジでとてもお得な楽天証券。それだけでなく、楽天ポイントコースを選択して、ポイント投資を毎月500円分行うと、楽天市場のSPUでポイントが購入額の1%増量されます。

それだけでなく、楽天証券をポイントサイト経由で利用することでさらにお得になります。ポイントサイト経由で楽天証券に登録後、1ヶ月以内に1万円分投資することで、通常4,000円分程のポイントが獲得できます。この場合は、楽天経済圏と極めて相性の良い「ポイントタウン」を選択しましょう。

投資目的でも、ポイント目的でも、楽天市場でのお得なお買い物目的でも、様々な目的でお得な楽天証券。登録および投資するときには、確実にお得な手順を踏んで利用しましょうね。

 

楽天経済圏と相性の良い「ポイントタウン」をはじめる

 

広告