【21/6】現在ヤフーカードを作るべきでない理由

PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード「ヤフーカード」。

既に多くの方が所持しており、TポイントやPayPayを貯めたい、いわゆる“ヤフー経済圏(PayPay経済圏)”の方々に重宝されています。

2021年6月現在、このヤフーカードは新規作成しないほうが良いと言われています。それはなぜか?

今回は、ヤフーカードを作成しないほうが良い理由、そして今後作成していいタイミングは来るのかを調べていきます。

お時間の許す限り最後までご覧ください。

 

【特にこの記事を読んでほしい方】

  • ヤフー経済圏を利用する全ての方、Tポイントを利用する全ての方
  • とてもお得なクレジットカード「ヤフーカード」を利用したい方
  • これからクレジットカードを作成しようと考えている方
  • ポイ活をしたい方

 

広告

クレジットカード「ヤフーカード」がお得な理由

ヤフーカード

まず「ヤフーカード」の基本情報とお得な理由を紹介します。

 

ヤフーカードの基本情報

まずはヤフーカードの基本情報を見ていきましょう。

名称ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)
国際ブランドVisa/JCB/Mastercard
入会対象者満18歳以上(高校生は除く)※未成年の方は親権者の同意が必要です。
年会費永年無料 ※家族カードも同様(人数制限なし)
付帯保険(ショッピング)
※旅行保険なし
海外:最高100万円
国内:最高100万円
基本ポイントカード利用金額 100円(税込)=1ポイント
貯まるポイントTポイント
支払い日月末締め/翌月27日払い
備考2021年度に「PayPayカード」に名称変更予定
ETCカードは年会費550円

年会費無料、Tポイントが貯まる、国際ブランドも主要3種類から選択可能と、比較的入会しやすくて利便性が高いのが特徴ですね。

では、次にヤフーカードの特長(強み)を紹介します。

 

ヤフーカードの特長(強み)は何たってヤフー経済圏で強い!

ヤフーカードはTポイント一体型でTSUTAYAでの利用も可能

では、ヤフーカードの特長(強み)ついて紹介します。

【ヤフーカードの強み】

  • Tカード一体型でTSUTAYAのレンタル機能も追加できる
  • Tポイントが貯めやすい(クレジットカード&Tカードのダブルでポイントゲット)
  • PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード
  • PayPayでヤフーカード決済するとPayPayボーナス0.5%〜1.5%が付与
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用で常時ポイント3%
  • 公共料金・税金などの支払いで1%(100円につき1ポイント)貯める
  • プラチナ補償(ヤフーカードで買ったもの・サービスに18種類のプラチナ級の補償)

「ヤフーカード」は、年会費永年無料、Tカードが貯めやすい、PayPay残高にチャージできる、Yahoo!ショッピングやLOHACOがお得など、多くの場面(特にヤフー経済圏)で活躍するクレジットカードです。

近日中にPayPayカードとして生まれ変わる予定で、さらに利便性とお得さがアップすることが予測されます。

 

さらに詳しくヤフーカードを紹介した記事はこちら

 

PayPayとの相性がいいヤフーカードはなぜ今作らないほうが良いの?

ここからが本題。では、そのPayPayとの相性が良いヤフーカードはなぜ作らないほうが良いのか?その理由を探っていきましょう。

その理由は、PayPay経済圏というの大きなスケールから見えてきます。

 

分かりづらかった!PayPay経済圏のサービス名称の統一

PayPay経済圏のサービス移行

画像引用:Zホールディングス

2021年6月時点で登録者が4,000万人に到達したPayPay。

前述の“PayPay経済圏”といわれるサービスには、名称が統一されていない問題がありました。

PayPay以外にも、Yahoo!、Tポイント、LINE、ソフトバンクなど多くのブランドが経済圏を構成しており、楽天のように名称が統一している経済圏からすると、分かりづらさがありました。

それも上記のように変更の予定で、既にPayPay銀行やPayPay証券など、一部のサービスで名称変更を完了しています。

 

ヤフーカードがPayPayカードにリニューアルする予定

PayPayカード

ヤフーカードを扱う「ワイジェイカード」は、10月1日にPayPayカードに商号を変更することを発表しました。

一部では、この秋にヤフーカードは「PayPayカード」にリニューアルされることが予定されているといいます。

TポイントとPayPayとの併用となるのか、PayPayだけなのかなど詳細は明かされていません。ただし、さらに顧客拡大したい運営側からすると、TポイントとPayPayのマーケットをさらに広げるために、あらゆる攻勢をかけてきそうですね。

 

PayPayカードはさらにお得がパワーアップしたものになりそう

PayPayカード(例)

クレジットカードはPayPayの社運をかけた事業、そう考えるとヤフーカードよりもさらにお得がレベルアップすると考えます。

これまでも年会費は永年無料、カード利用金額 100円(税込)=1ポイント、付帯保険はショッピング( 海外:最高100万円、国内:最高100万円)だけだったのに対して、年会費はそのままでその他は改善するかもしれません。

特に付帯保険は旅行保険がありませんでしたから、この部分に改善の余地がありそうです。

特にPayPayカードがリニューアルオープンする際には、得意の「100億円キャンペーン 」のようなばらまきキャンペーンがあるかもしれません。

 

結論!ヤフーカードを作成せずに、PayPayカードになる際に作成しよう!

ここまで読んでいただいた方ならよく分かっていただけたと思います。

現在ヤフーカードを作成しても決して悪くはありませんが、この秋にPayPayカードにリニューアルされた際に作成した方が、何かとお得です。

前述のように、PayPayカードがリニューアルされる際には、何らかのキャンペーンを行うでしょう。
さらに、その際にはポイントサイトも便乗するはずで、合わせると多くのポイント(合計2万円分もあるかも?)がもらえると思います。

一般的にクレジットカードの作成をする際には、ポイントサイト経由が断然お得。

クレジットカードをただ作成するだけではもらえないポイントが、1万円分もらえることもありますので、必ずポイントサイト経由で作成しましょう。

 

ポイントサイトとは何か?なんでポイントがもらえるのか?まとめました

 

急いでクレジットカードを作成したい方は、他のクレジットカードも検討を

このヤフーカードの他にも、ポイントサイト経由でお得なクレジットカードがいくつもあります。

もし、急いでクレジットカードを作成したい方は、これらのクレジットカードの作成も考慮しましょう。

 

カード名特徴紹介記事キャンペーン記事
楽天カード
楽天カード
言わずと知れた会員数2000万人(2021年2月現在)オーバーの日本一のクレジットカード。楽天市場での利用で常時、楽天ポイント3倍、“0と5のつく日”だと5倍になる楽天経済圏のマストアイテム。
カード作成で7,000~8,000ポイントのキャンペーンを毎月のように開催し、その時期は各ポイントサイトで10,000円程度のポイントを獲得できます。
楽天カードの作成・利用完全ガイド【最新版】ポイントサイト経由で楽天カード作成はいつすべき?
イオンカード
イオンカード
実店舗では日本一のイオンが発行するクレジットカード。イオンでの利用で「ときめきポイント」が貯まります。毎月10日の「ありが10デー」など、毎月複数回5%オフ(実質)となる機会があって、イオン経済圏でのマストアイテムです。カード作成で1,500円分の「ときめきポイント」がもらえるキャンペーンをほぼ常時開催しており、各ポイントサイトで5,000円分程度のポイントを獲得できます。イオンカードの作成・利用完全ガイド【最新版】 ポイントサイト経由でイオンカード作成はいつすべき? 
三井住友カード(NL)
三井住友カード
2021年2月に誕生した、三井住友カード初の年会費永年無料のクレジットカード。ローソン、セブンイレブンのコンビニ2社に加え、マクドナルドでの利用(決済方法は制限あり)で5%のポイント還元を実現!
2021年4月30日までは、カード作成でVポイントが最高11,000ポイントもらえるキャンペーンを実施しており、各ポイントサイトでカード発行で10,000円程度のポイントを獲得できます。
コンビニ利用5%還元の三井住友カード(NL)作成作成ガイドポイントサイトで三井住友カード(NL)作成はいつがいい? 

これらのカードはどれもそれぞれ特長がありますので、使い分けすれば複数持ちも可能。時間を数か月おいて、複数作成することも考慮したいですね。

ちなみに筆者は楽天カードとイオンカードの使い分けをしています。これだけでもとても生活がお得感満載ですし、ネットショッピングは楽天カード、実店舗はイオンカードとはっきりした区別がついています。

 

ポイントサイト経由で作成をオススメするカードはこれ

 

【まとめ】ヤフーカードはPayPayカードリニューアルまで作成を待とう

今回は、今ヤフーカードを急いで作らないほうが良い理由を確認していきました。

PayPay経済圏では、ブランド統一のため、2021年の秋にヤフーカードはPayPayカードにリニューアルされる予定です(時期未定)。そのPayPayカードは、ヤフーカードよりも多くの特典があり、リニューアル時には何らかのキャンペーンを開催すると予測しています。

そのため、今急いでヤフーカードを作成するよりも、PayPayカードリニューアル時に作成した方が断然お得だと考えます。その際にポイントサイト経由で作成すると、多くのポイントがもらえるでしょうから、作成は今しばらく控えましょう!

今後のPayPay経済圏は、ブランド統一だけでなく、Tポイント、PayPay、LINE、ZOZOTOWN、ソフトバンクなど多くのサービスが一元化され、お得に利用できる見込み。これからの変更が楽しみですね。

 

ポイントサイト経由で作成をオススメするカードはこれ

獲得ポイントが変動して、どのポイントサイトを利用したら良いか分からない方へ。ハピタスを利用すればお買い物自体もポイントサイト業界随一!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

広告