イオンゴールドカードとは?切り替え条件とその方法

筆者が一押しする実店舗最強のクレジットカード「イオンカード」。

持っているだけで毎月20、30日は「お客様感謝デー」で実質5%オフになるなど、イオン経済圏でとてもお得なカードです。

このイオンカードは、ゴールドカードがあることはご存知ですか?知っている方は、ではどのような条件でゴールドカードに切り替えることができ、どのように手続するか知っていますか?

今回は、これらの内容を紹介します。では、お時間の許す限り最後までご覧ください。

 

【この記事を特に読んでいただきたい方】

  • イオンやマックスバリュを利用する全ての方、イオン経済圏を利用する全ての方
  • とてもお得なクレジットカード「イオンカード」を利用したい、利用している方
  • イオンゴールドカードについて知りたい方
  • これからクレジットカードを作成する方

 

広告

クレジットカード「イオンカード」はイオン経済圏を利用する方に必須な理由

イオン経済圏のイメージ図

イオン経済圏では、イオンカードの「ときめきポイント」以外にも、電子マネー「WAONポイント」、現金でお買い物する際に貯められる「WAON POINT」と3つのポイントサービスがあります。

名称WAONポイント
WAONポイント

WAON POINTWAON POINT

ときめきポイントときめきポイント

特徴電子マネーWAONカード

電子マネーの一種。電子マネーの「WAONカード(発行300円)」を持つか、WAONポイントが使えるクレジットカード「ワオンカード」が必要。

WAON POINT カード

ピンクを基調とした「WAON POINTカード(無料)」を現金支払い時に提示すると獲得できるポイント。TポイントやPontaポイントのようなポイントサービス。

イオンカード

イオンカードの支払いで獲得できるポイント。もちろん、イオン経済圏以外での支払いでも貯まる(イオン経済圏ではいつでもポイント2倍)。その他、ネットショッピングや、公共料金の支払いでも貯まる。

貯め方(加盟店)電子マネーWAON決済(加盟店)現金や商品券等の買い物時に提示(どの店舗でも)クレジットカード決済

 

これらのポイントサービスを活用しながら、イオン経済圏でお得にお買い物をするわけですが、そのイオン経済圏ではたくさんのセールが開催されています。

キャンペーン名称内容対象
毎月20、30日「お客様感謝デー」お買い物代金が5%OFF
  • イオンマークのクレジット
  • 電子マネーWAON
毎月15日「G.G感謝デー」お買い物代金が5%OFF55歳以上の方で

  • イオンカードのクレジット(請求時)
  • 電子マネーWAON(レジ)
毎月5日、15日、25日「お客様ワクワクデー」基本のポイント2倍
  • 電子マネーWAON
  • WAON POINTカード
毎月10日「ありが10デー」基本のポイント5倍
  • イオンマークのクレジット
  • 電子マネーWAON
  • WAON POINTカード
イオンカードでおトク!
※開催は臨時で、毎月(連続数日間)開催
基本のポイント10倍
  • イオンマークのクレジット

このように、イオン・マックスバリュで多くのセールが開催されていますが、「イオンマークのクレジット(イオンカード)」がいかに重宝するかが分かりますね。

 

イオンカードの詳細をまとめました

 

イオンゴールドカードとは?概要から条件、切り替え方法まで紹介

イオンカードのゴールドカード

では、イオンカードのゴールドカードについてみてみましょう。

 

イオンカードの“ゴールドカード”になる条件とは?

イオンカードのゴールドカードになる条件とは、どのようなものかみてみましょう。

【イオンカードのゴールドカードになる条件とは?】

ゴールドカードは、新規お申込みやユーザーの要望での発行、切替えはできません。
直近年間カードショッピング100万円以上利用など、一定の基準を満たした方が対象となり、インビテーション(招待)が届きます。
毎月10日を基準日として、さかのぼった12か月間の合計利用金額が集計されます。

年間100万円以上の利用というと、とても大きいように感じます。

しかし、筆者の家庭では毎週1万円は食費で利用、そして車検や旅行、その他の公共料金の支払いなどにも使用していますので、簡単に年間100万円をクリアできています。

 

ゴールドカードのメリットってどんなもの?

それでは、肝心のイオンカードのゴールドカードになったメリットとは、どのようなものでしょうか?

 

珍しい!?年会費無料のゴールドカード

ゴールドカードと言えば、年会費1万円程度の出費は覚悟しなければならない…

というイメージがありますが、そこはイオンは庶民の見方。

なんと年会費無料で、様々な特典が受けられる、素敵なゴールドカードです。

補足ですが、年間100万円の条件をクリアして、ゴールドカードになった方が、その後カード使用額が年間100万円を割り込んでも、そうそうゴールドカードをはく奪されることがないようです。ただし、カード支払いが遅れるなど一部の事由で、ゴールドカードから格下げする可能性もあります。

 

主要空港のラウンジサービスが利用可能

イオンカードのゴールドカードでは、他のクレジットカードと同様、空港のラウンジサービスが利用できます。

【利用できる空港ラウンジ】

  • 羽田空港(第1旅客ターミナル/第2旅客ターミナル)
  • 成田空港(第2旅客ターミナル)
  • 新千歳空港(国内線旅客ターミナルビル)
  • 伊丹空港(大阪国際空港・国内線旅客ターミナルビル)
  • 福岡空港(国内線旅客ターミナル/国際線旅客ターミナル)
  • 那覇空港(国内線旅客ターミナル)

ラウンジを利用するには、イオンゴールドカードと、当日の搭乗券(または航空券)が必要です。

主要空港で利用できると、旅行や出張で一息つくために利用すれば、リラックスできること間違いなしですね。

 

全国イオン内にあるイオンラウンジの無料利用

イオンゴールドカードが利用できるイオンラウンジ

※画像出典はイオンゴールドカード

【イオンラウンジの利用も可能】

全国のイオン内にある、ラウンジを無料で利用できます。ラウンジは全店舗にはなく、主要店舗に限ります。
ドリンクサービス、新聞サービス、雑誌閲覧サービスが利用できます。
同伴者は3名までで、1日1回30分までという制限があります。
※2021年3月現在、新型コロナウイルス感染予防のため、ラウンジサービスは休止しています。

ラウンジが利用できる店舗はこちらからご覧ください

 

無料付帯の各種保険

イオンカードにも無料付帯の各種保険がありますが、ゴールドカードになるとその恩恵がさらに濃くなります。

【無料付帯の各種保険内容】

  • ショッピングセーフティ保険…年間300万円まで
  • 海外旅行傷害保険…最高支払限度額5,000万円
  • 国内旅行傷害保険…最高支払限度額3,000万円

 

イオンゴールドカードへの切り替え方法

イオンゴールドカードの切り替え

イオンゴールドカードを発行できる条件は、先に挙げたように「直近1年間の利用が100万円以上の方」です。

対象となった方には、翌月中旬頃に自宅へ書面で通知が来ます。

通知を確認後、Web上でMy Pageから簡単に切り替えることができます。

筆者も一年前に通知が来ましたが、この知識がなかったので嫁さんが「ゴールドカード?何怪しいの?デメリットはないの?」と混乱していました。間違ってもうっかり通知を捨てないようにしましょう。

 

イオンカード新規入会と利用で、WAON POINT最大6,000円分プレゼントキャンペーン!

イオンカード入会で最大5,000円分のWAON POINT

このように便利・お得なイオンカードですが、まだ作成していない方は必見!

2021年3月20日(土・祝)~5月10日(月)、イオンカードを作成すると最大6,000円分のWAON POINTがもらえるキャンペーンが開催されています。

Web上からイオンカードを作成して、6月10日(木)までに合計5万円分カード払いすることでこの6,000円分満額がもらえます。

この他にも、ポイントサイトを経由してイオンカードを作成することで、さらに5,000円分程度のポイントまでもらえます。

 

【イオンカード作成だけで11,000円分程度のポイントをもらう方法】

  1. ポイントサイト「ポイントタウン」経由でイオンカードを作成…4,700円分
  2. WEB上から作成(入会)すること…1,000円分
  3. カードが届いたら、6月10日(木)までに合計5万円分カード払いすること…5,000円分

この手順を踏んでイオンカードを作成するだけで、10,000円分以上のポイントがもらえます。

 

イオンカードを作成して、ポイントをガッツリもらう方法を詳しく紹介した記事です

 

まとめ~イオンゴールドカードは、イオン経済圏で持っておきたいお得なカード~

今回は、イオンゴールドカードについて紹介しました。

イオンゴールドカードは、イオン経済圏を利用するならば是非狙って持っておきたいカードです。

ゴールドカードを持つために無理にお買い物するのは本末転倒ですが、年間100万円分のカード支払い(お買い物、公共料金支払いなど)でイオンカードから切り替えることができますので、そう難しいハードルではありません。

年会費無料は変わらず、空港・イオンラウンジ、無料付帯の各種保険の質がグッと上がります。

自宅に通知が来たら、忘れずにWeb上のMy Pageから、イオンカードをゴールドカードに切り替えましょう!

筆者の家庭は、実店舗ではイオン経済圏、ネットショッピングでは楽天経済圏を利用して、年間10万円分以上の節約を実現しています。

 

イオン経済圏でも楽天経済圏お得なポイントサイト「ポイントタウン」を始める

 

広告