楽天カードの審査は甘い?厳しい?作成の注意点を紹介

楽天カード会員数が2,000万人を突破して、日本一のクレジットカードになって久しいですが、やはり定期的に行っている作成ポイントアップキャンペーンの効果が大きいですね。

楽天ゴールドカードも改悪されて(2021年4月)、楽天カードに会員を集約するような動きも見えています。

では、楽天カードは誰でも審査が通るのでしょうか?誰でも審査を通しているから、2,000万人もの会員数になったのでは?という疑問について確認していきましょう。

ではお時間の許す限り最後までご覧ください。

 

【この記事を特に読んでいただきたい方】

  • 楽天カードを作成しようとする方、作成に関心がある方
  • 楽天市場をよりお得に利用したい方
  • 楽天カードの審査について知りたい方

 

広告

日本一のクレジットカード「楽天カード」の特徴とメリットとは?

 

楽天カード

まずは簡単に「楽天カード」とは何かを紹介します。

 

まずは楽天経済圏の仕組みを理解しよう

楽天経済圏のイメージ

日本一の楽天グループが誇る「楽天経済圏」。

楽天には楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天証券、楽天でんき、楽天モバイル、楽天beautyなど、多くのサービスがあります。全てのサービスで獲得・利用できるポイントサービスが、有名な「楽天スーパーポイント」ですね。

楽天のサービス以外にも、楽天スーパーポイントを利用できる「提携サービス」が多くありますが、それら楽天関連のサービスと提携サービスとを含めて、「楽天経済圏と呼びます。

皆さんも知らず知らずのうちに楽天経済圏のサービスを使っていて、いつの間にか楽天経済圏のサービスだけで十分生活が成り立つようになっているかもしれません。

この楽天経済圏でポイントを貯めやすいようになっているのが、今回紹介している「楽天カード」。使うほどお得さが増していきますので、楽天経済圏を活用する方は、是非持っていたいクレジットカードです。

こちらの記事に詳しく楽天経済圏や楽天カードのことを紹介しています。関心があればご覧ください。

 

楽天経済圏のことはこちらの記事でバッチリ

 

楽天カードを楽天市場の利用で常時ポイント3倍!“0と5のつく日”は、なんとポイント5倍に!

楽天カードのメリットは、なんと言っても楽天市場との相性が最高なことです。

楽天カードを楽天市場で利用すると、SPU(スーパーポイントアッププログラム)で、楽天ポイントが常時3倍、そして“0と5のつく日”にはなんと5倍にも跳ね上がります。

そして、楽天カードの支払いを楽天銀行ですることで、さらにポイントが+1倍となります。つまりこれだけで最高ポイント6倍(+5倍)が完成!

このことも絡めて、筆者は楽天市場でお買い物するときには、下のようなルールを設けています。

①「楽天市場では毎月の定期セールのみ、なおかつ“0と5のつく日”に楽天カードを利用してお買い物をする」ことを徹底。

②さらに、楽天カードを楽天銀行に連携させて、楽天市場のお買い物を楽天銀行から引き落とす。

たったこれだけで、楽天ポイントが一気に貯まります!

楽天経済圏は、上手にサービスを利用することでポイントが貯まりやすいシステムになっています。

その特徴を十分に理解して、サービス同士を連携させて利用しましょう。

 

楽天カードと楽天銀行の連携についてこちらをご覧ください

 

楽天経済圏にポイントタウンを加えて、本当の楽天経済圏が形成される!

楽天経済圏のイメージ図

楽天経済圏では楽天カード、楽天銀行、ポイントサイト「ポイントタウン」は楽天経済圏において最高の組み合わせです。

サービス名称特徴と相性
楽天市場

楽天市場

・楽天市場では楽天カードを使って、0と5のつく日しかお買い物しない

・楽天市場ではポイントタウンを経由してしかお買い物しない

楽天カード楽天カード・楽天市場では楽天カードを使って、0と5のつく日しかお買い物しない

・楽天市場でのお買い物の支払いを楽天銀行で行う

楽天銀行楽天銀行・楽天市場でのお買い物の支払いを楽天銀行で行う

・ポイントタウンのポイントを100円分ずつ楽天銀行に換金(ポイント交換)する

ポイントタウンポイントタウン・楽天市場ではポイントタウンを経由してしかお買い物しない

・ポイントタウンのポイントを100円分ずつ楽天銀行に換金(ポイント交換)する

このように、楽天市場、楽天カード、楽天銀行、ポイントタウンは、それぞれが関係しあってお得な相乗効果をもたらしています。

楽天カードと楽天銀行を組み合わせることで、楽天市場でのお買い物は自動的に楽天ポイント4倍(0と5のつく日には6倍)にも跳ね上がりますし、ポイントタウンを合わせると+1倍。
つまり、デフォルトでポイントが5倍(0と5のつく日には7倍)となります!

この4つを組み合わせないと損をするという相関図が成り立ちます。

詳細はこちらの記事にまとめてありますので、必ずご覧ください。

 

楽天市場、楽天カード、楽天銀行、ポイントタウンが相性の良い理由

 

楽天カードの審査は厳しいのか、審査基準も合わせて確認

では、楽天カードの審査について調べていきましょう。

 

楽天カードは比較的作成しやすい“流通系カード”に分類される

クレジットカードの種類毎の作成難易度

クレジットカードを分類すると、上の図のように消費者金融系、流通系、信販系、交通系、銀行系に分けられます。それぞれどのような特徴があるかを比較しましょう。

あくまでも傾向と一般的な考え方です。

分類代表例特徴審査
銀行系
  • 三井住友カード
  • JP BANKカード
  • MUFGカード
  • みずほマイレージクラブカード
  • 流通系や交通系のクレジットカードに比べるとポイントの還元率は低めな傾向
  • ゴールドカードやプラチナカードは、特典が充実
  • ATMの利用手数料無料などの特典
厳しめ
交通系
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ビッグカメラSuicaカード
  • ビュー・スイカカード
  • オートチャージ機能で便利
  • 国内外の旅行傷害保険が付帯していることも多く、旅行で安心
  • マイルが貯まりやすい
厳しめ
信販系
  • JCBカード
  • ライフカード
  • REXカード
  • オリコカード
  • アメックスカード
  • ランクにカードグレード、付帯サービスなど、自分自身の目的に近い1枚を選びやすい
  • 付帯する特典内容の充実度が高い
普通
流通系
  • 割引やポイント還元といったサービスが多い
  • いつものスーパーやネットショッピング利用でお得
甘め
消費者金融系
  • アコムACマスターカード
  • ライフカード
  • カード発行スピードが早い
  • キャッシングが利用しやすい
  • キャッシング枠の上限が高めに設定
甘め

このように5つに分類すると、楽天カードのような流通系カードは比較的に審査が甘めな特徴があります。

 

楽天カードの審査対象は「収入があるか同居している家族に収入があること」

楽天カードの公式ホームページに載っている、対象者は以下の通りです。

【楽天カードの審査対象】

  • 18歳以上の方(高校生の方は除く)であればどなたでも申し込み可
  • 18歳以上の方であれば、主婦・パート・アルバイトの方でも申し込み可

このように、高校生以外で18歳以上であれば楽天カードの審査対象になります。

しかし、収入がない場合は審査対象にはなっても、審査が通らないことが予想されます。

この“収入がない”というのは、自身の収入だけでなく家族の収入も含まれますので、夫婦どちらか、両親に収入があれば“収入がある”とみなされます。

ですので、主婦(夫に収入あり)、アルバイト、パート、学生(親に収入あり)、年金受給者でも資格があります。

※未成年の場合、審査過程において親権者にカード発行に対する同意確認のため、お電話があります。

このように、主婦や学生の方でも申請できるのは銀行系では(一部を除いて)ありませんので、楽天カードは審査が厳しくないと言えるかもしれません。

 

楽天カードの審査を落ちた方の声を聞いてみる

まずは、楽天カードで審査落ちした方は、どのような状況だったのか、いくつかの例を調べてみました。

  • 既に数枚、他のクレジットカードを作成していた
  • 親の住宅ローンの保証人になっていた
  • 収入が0の月もあるなど、不安定だった
  • 他に所持しているクレジットカードで支払いが遅延することがあった
  • 短期間にクレジットカードを複数作成した
  • 過去にクレジットカードを一度も利用したいことがない

このように、審査に落ちる理由は色々あるようです。

もちろん審査落ちした本当の理由は、楽天カード側にしか分からないのですが、色々な面に気を配る必要があるようです。

ご承知の通り、必ず審査が通るクレジットカードはありませんが、ここからは楽天カードは審査が厳しいのかみていきましょう。

 

楽天カードの審査基準と審査落ちする理由とは?

実は楽天カードでは、公式サイトで審査基準を明らかにしていません。

では、楽天カードの審査落ちをしてしまう理由をみてみましょう。

これは楽天カードに限らず、クレジットカード全般で言えることかもしれません。

審査落ちの理由概要
毎月安定した収入がない前述のように主婦やアルバイト、学生でも申し込みはできます。しかし、審査に通るかどうかは世帯状況によって異なります。少なくとも無職の場合は、夫婦や両親の所得を確認しにくいため、落ちる可能性もあります。
他のクレジットカードやローンなどで、「信用情報」に遅延記録が多い信用情報」と呼ばれる情報を集めて管理・提供などをおこなっている「信用情報機関」では、楽天カード以外にも多くのクレジットカードやローン、携帯電話などの支払いに関する情報を取り扱っています。過去に支払いが遅延することが多かった場合には、落ちる可能性が高まります。
キャッシング枠で、「総量規制」を超える申し込みをした楽天カードには、買い物をするためのショッピング枠と、お金を借りるためのキャッシング枠の2種類があります。キャッシング枠をいくらにするかは、カード申込時に希望できますが、年収の3分の1以上を記載すると審査落ちする可能性が高まります。
30代以上で全くクレジットカードやローンなど利用せず「信用情報」に記載のないスーパーホワイト過去に長期延滞や債務整理、強制解約などの重大な金融トラブルを起こして、クレジットカードなどを長期間利用できなかいことから、“信用情報”のデータ保有期間が終了して白紙になった(信用情報に記録がない)状態を「ホワイト」と呼びます。これとは違う理由ですが、全くクレジットカードやローンを利用したいことがなく、“信用情報”に記録がない状態を「スーパーホワイト」と呼びます。いずれもクレジットカード会社からは見分けがつかないため、審査落ちする可能性があります。
直近で複数のクレジットカードの申し込みを行った「信用情報」には支払い記録だけでなく、クレジットカード、カードローンへの申込み記録も残ります。そのため、短期間でたくさんのクレジットカードを作成していると、「お金に困っているかも」「ポイント目当てで作成しているのかも」「自社のクレジットカードは使ってもらえないだろう」と思われ、審査に落ちる可能性が高まります。
情報が間違っている・在籍確認が取れない楽天カードを作成する際には、楽天カード会社から職場に連絡があり、在籍しているかの確認がなされます。その「在籍確認」が取れなかった場合や、情報が間違っている場合には、審査に落ちる可能性が高まります。
過去に楽天カードを作成している楽天カードは1人で2枚所持することはできません。2枚目を作成しようとすると、自動的に無効になります。

このような一般的なことに気を付ければ、楽天カードは通りやすいということです。

 

結論!楽天カードは比較的に作成がしやすいクレジットカード

では、楽天カードの審査は甘いか厳しいか?筆者の考えは。

 結論、「楽天カードの審査は比較的に甘い」と考えます。

もちろん、お買い物の支払いやキャッシングの返済能力があるのが条件です。
一般的に自身や家族がしっかり就労しており、カードやその他の支払いで返済期日を守って(信用情報に傷がついていない)おり、ポイント目当てで多くのクレジットカードを一度に作成するようなことがなければ、審査は通りやすいクレジットカードだと考えます。
仮に審査が落ちた場合には、半年空けて(その間に落ちた原因をスッキリさせる)から再度申し込むと通る可能性があるようです。

比較的に審査が甘いといっても、多くの会員が返済できなかったら、楽天経済圏は崩壊してしまいますから、しっかりした審査基準を設けているのは言うまでもありません。

 

その他の楽天カードの特徴はこちら

 

楽天カードのお得な作成の仕方は、ポイントの2重取り

では、最後に楽天カードを作成する際にお得な方法を紹介します。

方法と作成時期によっては、最大20,000円分のポイントがもらえますが、前述のようにポイント目当てで、みだりに多くのクレジットカードを作成することだけは止めましょう。

【楽天カードを作成してポイントの2重取りをする方法】

①楽天カード作成のタイミングは“5,000~8,000ポイントキャンペーン”開催時のみに絞る!
楽天カード作成で8000ポイント

楽天カードを作成する際には、楽天スーパーポイントがもらえます(期間限定ポイント)。
獲得できるポイントは通常5,000ポイントですが、定期的に開催するキャンペーンでは7,000~8,000ポイントに跳ね上がります!
キャンペーン期間は川平慈英さん扮する「楽天カードマン」のCMがバンバン放映されているので、ご存知の方も多いはず。
楽天カードを作成するタイミングは、絶対にポイントアップキャンペーン開催時がオススメ!7,000ポイント以上が目安です。

②ポイントサイトの活用は必須!
楽天カード作成では、ポイントサイトを経由することで、さらにポイントサイト独自のポイントがもらえます。
ポイントサイトでは、いつでも楽天カード作成でポイントがもらえますが、それは数100~1,000円分のポイント台にとどまります。
しかし、上記①の楽天カード作成キャンペーン開催期間には、確実にどこのポイントサイトでも数1,000円分のポイントに跳ね上がります!
大きい時には、1万円超えということもありますので、活用しない手はありません。
このように獲得できるポイントも変動しますので、もちろん高いときに楽天カードを作成するのが賢い方法。

このように楽天カード作成には、①ポイントサイトのポイントと②楽天カード作成時の楽天ポイントの、両方をもらっておかなければ損します。

何といっても、年会費無料の楽天カード作成だけで20,000円近くのポイントがもらえるわけですから。

 

楽天カード作成でより多くのポイントがもらえる方法とタイミングはこちらの記事

 

まとめ~結論:楽天カードは審査が比較的甘め~

今回は、楽天カードの作成において、審査の厳しさと審査基準を見ていきました。

今や日本一のクレジットカードになった「楽天カード」。楽天経済圏において、多くのポイント稼ぐことができ、マストアイテムとなっています。会員数2,000万という状況からも審査は優しいのでは?という見方で調べてみました。

流通系カードであり、高校生以外なら主婦や学生でも18歳以上が作成できるという特徴からも、その審査は“比較的に甘め”と考えます。それでも収入を安定させ、様々なローンで返済期日を守って、一度にクレジットカードを大量作成しないなどの注意事項を守って、楽天カードを作成しましょう。

楽天カードがあれば、実店舗でのお支払いもポイントが貯まり、楽天市場では“0と5のつく日”でポイント5倍と大きな特典があります。

 

ポイントサイトと楽天ポイントの2重取りをして、最大限お得に楽天カードを作る

 

広告