ビールの購入はどのポイントサイトがお得か?

コロナ禍になって、家庭でお酒を飲む機会がグッと増えている筆者。

恐らくそのような方は多いはずで、全くお酒を飲まなくなったという方と2極化しているものだと思います。

家庭でお酒を飲む機会が増えると、どうしても気になるのが家計への負担。お酒を少しでも安く購入できるのが長く楽しめるコツですね。

そこで、今回はビールの購入はどのポイントサイトがお得かを調査していきます。

お時間の許す限り最後までお付き合いください。

 

【この記事を特に読んでいただきたい方】

  • 家庭でのビールを飲む量(機会)が増えている方
  • 少しでも安くお酒を購入したいと考える方
  • ポイントサイトのお得さを家計に組み込みたい方(ポイ活を始めたい方)

 

広告

コロナ禍で家庭でビールを飲む機会が増加している方へ

まずはコロナ禍で家庭でビールを飲む機会が増加している方へのメッセージ。

 

コロナ禍では当然のように家飲みが急増

コロナ禍では家飲みが急増

出典:AgriweB

まず過去数年に渡って、家庭でのお酒の購入金額が減少傾向にあったのが、コロナ禍になったことで増加しています。

緊急事態宣言が発令されてから、家飲み需要が高まり、前後で109%の増加に至っています。

これは今後ワクチン接種が進んだ後も、当面継続される傾向なのかなと筆者は考えています。

AgriweBさんのデータでは、コロナ禍になる前は飲みに出ていた20~40代に、特に増加が顕著であったことが示されています。

 

お酒の種類はビール、ウイスキー、ワインが特に増加傾向

ビールの需要もやはり高い

出典:AgriweB

どのお酒の種類で増加がみられるか調べると、全体的に増えているものの特にウイスキー、ワイン、ビールが伸び率が高いことが分かります。

ワインは筆者のようにレストランに行けないので、家庭で楽しもうとするコアファンはやはり多いのでしょう。

ウイスキーは、恐らくハイボール派の方が多いため増加するのは当然。

ビールは酒税が下がったことで、発泡酒・第3のビールよりも求めやすくなったことが原因と考えられます。

このビールの酒税の税率については、2026年に向けてさらに下がっていきますので、ますますビールの自宅需要というのは加速することが予測できます。そのために新商品が開発されたりと、業界では面白い発想も生まれています。

 

20~40代のサラリーマン、主婦の方、このままスーパーでビールを買っていて良いのですか?

アサヒスーパードライ 缶ジョッキ

※アサヒスーパードライの生ジョッキ缶は人気からすぐさま出荷停止に

ビールの購入はスーパーやコンビニで買っている人はいませんか?

これまでの時代は1本ずつ、6缶パックずつ購入していても、それでよかったかもしれません。

ただし、コロナ禍で家飲みが今後も増え止まりすることを考えると、少しでも安く購入することを意識しなければなりません(家計に余裕がある方は問題ありませんが)。

近所のスーパーや薬局でポイント10倍の時にしか購入しないよ、という方はそれでも良いのかもしれませんが、そう頻繁にポイントアップセールを開催していませんし、車がない方は持ち帰りに苦労するでしょう。

 

実店舗では断然イオンでの購入がオススメ(イオンでお買い物する際にはイオンカードをもちましょう)

ポイントアップセール中にたくさん持ち帰れない方(世帯)の方は、やはりネットショッピングでビールを購入する方法をオススメします。

 

ビールをネットで購入する場合は、楽天市場×ポイントタウンがオススメ

では、ネットショップ、ポイントサイト経由はどのようにしたらお得か?一気に見ていきましょう。

 

ビールはどのネットショップ(ECサイト)がお得か?

楽天経済圏のイメージ図

では、ビールはどのネットショップ(ECサイト)で購入するのが一番お得か?

よく、「価格が安いからAmazon」という安直な記事を観たりしますが、これは間違いで筆者は「人それぞれ」だと考えています。

楽天経済圏にどっぷり漬かっている筆者のような世帯だと「楽天市場」、ソフトバンクユーザーは「Yahoo!ショッピング」がやはりお得。

2021年6月の楽天スーパーセールでお買い物した筆者のポイント還元率は、なんと18.65%に!つまり約2割引きということ。

 

その方々、世帯に合わせたネットショップが重要だが、楽天市場では43%オフも夢ではない!?

貯めた期間限定ポイント(翌月末までの利用が必要)を翌月に持ち越して利用することを考えると、楽天市場では一度利用し始めるとあまり変えないほうが得策。ずっと利用しっぱなしがお得になる秘訣です。

このように、1本当たりおよそ200円のビールが、2割引きの40円分安くなると、なんと160円で購入できる計算になります。そんなに安く販売している店舗やネットショップは聞いたことがありますか?

 

楽天市場との相性の良いポイントサイトはポイントタウン

当ブログでは、楽天市場でお買い物する際には「ポイントタウン」経由を猛プッシュしています。

なぜならば、数あるポイントサイトの中でも、①会員ランクで楽天市場のお買い物額の最高1.15%ポイントがもらえる、②獲得したポイントを100円分から1円単位でポイント交換できる、優れた機能をもつのは「ポイントタウン」だけだから。

そのポイントタウンの特徴を紹介していきます。

【ポイントタウンの強み一覧】

ポイントサイトといえば、まず「ポイントタウン」というほどオススメです。

 

ポイントタウンについてはこれを読めば一目瞭然

こちらのバナーからポイントサイトを利用できます。ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

楽天市場でのお買い物をポイント20倍にするためのコツあれこれ

筆者は楽天市場でお買い物する際には、いくつかのルールを決めています。

それを一つ一つ対応することで、ポイント20倍を実現できます。

【楽天市場でお買い物する際の基本ルール】

  • 楽天市場は毎月開催する定期セール開催時しか利用しない(他のセールは利用しない)…こちらの記事参照
  • 楽天カードを利用して“0と5のつく日(ポイント5倍)”にしか買い物しない
  • 楽天カードの支払いは楽天銀行で決まり(ポイント+1倍)こちらの記事参照
  • ふるさと納税は楽天市場の定例セールで買い回り…こちらの記事参照
  • ショップ買い回りをフル活用する(毎月“買いたいリスト”を作る)…こちらの記事
  • SPU(スーパーポイントアッププログラム)を意識的に活用する…こちらの記事参照
  • エントリーできるキャンペーンは利用の可否に関わらずエントリーする
  • ポイントアップ(最大20倍)商品を狙ってお買い物する
  • 楽天市場でお買い物する際には、「ポイントタウン」経由でポイント+1倍(+会員ランク分)こちらの記事参照

1ヶ月に1~3日しかないチャンス(定期セール開催時の0と5のつく日)に、楽天カードと楽天銀行、ポイントタウンを利用して、まとめ買いするわけですね。

そう難しいことではなく、誰でもできることばかりですが、あくまでも楽天経済圏にどっぷり漬かる勇気が必要です。

ECサイトをあれこれ利用している方には向きませんので、どのECサイトにも言えることですが、「一本化」「一元化」が重要です。

 

ビールを楽天市場で購入するメリット・デメリット

ビールを楽天市場で購入することが全て言い訳ではありません。

筆者の場合は、楽天経済圏にバッチリはまっただけで、人や家庭によってそれぞれ。メリットとデメリットをみてご利用ください。

【メリット】

  • ビールの2割引き(最大43%オフ)も可能
  • 重い荷物(ビール)を持つ必要がない
  • 定期購入で毎月の購入額を定めることができる

【デメリット】

  • 楽天経済圏に漬かる覚悟が必要(楽天カードや楽天銀行の利用)
  • ケース買いをしなければならない
  • 色々な銘柄をバラバラに購入できない
  • 購入してから配達に2~3日かかる(飲みたいときにすぐ買えない)

こう見るとデメリットの方が多く感じますが、デメリットは小粒なものが多い印象。それに対して、2割引きのメリットが極めて大きいと思いますが、あなたのご家庭ではいかがでしょうか?

個人的には、ビールを飲む量が多い方は、楽天市場で定期購入(箱買い)しておいて、違う銘柄を飲みたいと思い立った場合にイオンなどの実店舗で購入するのが一番お得だと考えています。

 

【まとめ】これからはビールも楽天市場×ポイントタウンで

楽天市場とポイントタウンの相性は最高

今回は、ビールの購入はどのポイントタウンがお得かを検証しました。

コロナ禍になってからビールの家飲みは一気に加速しました。これからもビールの酒税率が下がることを踏まえると、家飲み需要は下がることは想定できません。だからこそ、長くビールの家飲みを楽しむには、家計を圧迫しないよう安く購入することが重要になります。ビールはECショップで定期購入(箱買い)して、違う銘柄をその日に楽しみたい場合は実店舗で買うような買い分けが、家飲みの秘訣だと考えます。

ECサイトでいうと、楽天経済圏にどっぷり漬かって楽天市場でビールを購入すると、2割引きも可能。そして楽天市場の利用は「ポイントタウン」との連携が最大1.15%分のポイント還元、100円から1円単位でポイント交換ができるなどの特長から、強くオススメします。

コロナ禍が終わっても、長くビールを家飲みする方法は、やはり“お得”がキーワードですね。

 

楽天市場のお買い物で1.15%分のポイントがもらえるポイントタウンを利用する

広告