リクルートカードはどのポイントサイトでいつ作成するのがお得?

常時高還元率1.2%、リクルートポイントに加えて、dポイント、Pontaポイントの3つのポイントサービスを選択できるクレジットカード「リクルートカード」。

年会費無料で、ドコモ経済圏(dポイント)、au経済圏(Pontaポイント)の2つの経済圏がよりお得になるクレジットカードです。

このリクルートカードを作成する際には、ポイントサイトを経由することで、ポイントサイト独自のポイントがもらえるタイミングがあります。その獲得ポイントは時期によって変動して、最高時にはリクルートポイントと合わせると計15,000円分程度のポイントがもらえることも(獲得ポイントは増減します)あります

今回の記事ではリクルートカードのお得な作成の方法、タイミングについて紹介していきます。

それでは、お時間の許す限り最後までご覧ください。

 

【特にこの記事を読んでほしい方】

  • 常時1.2%還元、ドコモ経済圏、au経済圏がお得なクレジットカードについて知りたい方
  • リクルートカードについて知りたい方、関心がある方
  • クレジットカードを新たに作成しようと考える方
  • リクルートカード作成でより多くのポイントをもらいたい方

 

広告

クレジットカード「リクルートカード」がお得な理由

 

リクルートカード

 

では、まず「リクルートカード」の基本情報とお得な理由を紹介します。

 

リクルートカードの基本情報

では、リクルートカードの基本情報を見ていきましょう。

名称リクルートカード
国際ブランドMastercard、JCB、VISA
入会対象者18歳以上(高校生を除く)
年会費無料
付帯保険
  • 旅行損害保険

海外旅行 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行 最高1,000万円(利用付帯)

  • ショッピング保険

国内・海外 年間200万円

ポイントサービスリクルートポイント
貯まったリクルートポイントは、Pontaポイント・dポイントに交換可能
基本ポイント1.2%カード利用金額 100円(税込)=1.2ポイント
この他、ポンパレモールで4.2%、じゃらんで3.2%
利用可能枠【国際ブランドにより異なる(一部例)】

  • ご利用可能枠[一般の方]10~100万円[学生の方]10~30万円内リボ払い・分割払い
  • 内リボ払い・分割払い[一般の方]10~100万円[学生の方]10~30万円
その他サービス毎月15日締め、翌月10日に引き落とし

特徴としては、前述のように年会費無料でありながら、ポイント還元1.2%で、なおかつリクルートポイント、Pontaポイント、dポイントの3つのポイントサービスに交換できることですね。

具体的に見ていきましょう。

 

リクルートカードは高還元率1.2%で、ポンパレモール4.2%とじゃらん3.2%はさらに高還元!

リクルートカードはポイント1.2倍

リクルートカードの特長の一つは、そのポイント還元率の高さです。

【リクルートカードのポイント還元率】

  • リクルートカードのポイント還元率は、毎月の利用額に対して1.2%
  • 「ポンパレモール」でのお買い物なら4.2%
  • 「じゃらん」での宿泊予約なら3.2%

一般的なクレジットカードの平均還元率は0.5%。

これに対してリクルートカードは、平均を大きく上回る高還元カードといえます。

 

貯まったリクルートポイントは、dポイントやPontaポイントに交換できる

リクルートポイントをPontaポイントやdポイントに交換

リクルートポイントをPontaポイントやdポイントに交換

リクルートカードの特長のもう一つは、貯まったリクルートポイントを「dポイント(dPOINT)」と「Pontaポイント」にポイント交換できる点です。

つまり、リクルートポイントをゴリ押しされるわけではなく、他のポイントサービスに交換して利用することを可能にしてくれるため、様々なシーンでポイントを活用できます。

※Pontaポイントやdポイントとしてつかうには交換が必要です。

dポイントならドコモ経済圏、Pontaポイントならau経済圏という風に、自身の用途に合わせて利用できる便利な点が、ウリと言えます。

 

その他のリクルートカードの特長

その他にもリクルートカードは、多くのメリットを備えています。

 

【リクルートカードの特徴】

  • 年会費は永年無料
  • ホットペーパーグルメ、ホットペッパーグルメとの相性が良い
  • 電子マネーのチャージでもポイントがもらえる(月間30,000円まで1.2%)※電子マネーは国際ブランドによって異なる
  • 海外国内旅行保険やショッピング保険など、補償内容も充実

このように、多くのメリットがあります。

年会費無料のカードの中では、旅行保険・ショッピングなどは最高水準の内容ではないでしょうか。

 

広告

【2022年5月14日】ポイントサイト経由のポイント2重取り状況

リクルートカードの作成を決めたら、次は実際にクレジットカードの作成です。

リクルートカードの作成時には、JCBブランド限定、そして週末限定でリクルートポイントがプレゼントされるキャンペーンを常時開催していていますが、これに加えてポイントサイトのポイントまでもらうことができます。

時期にもよりますが、合計13,000円分程度のポイントがもらえる場合もあります。現在はというと。

 

【リクルートカード作成でもらえるポイント】

  1. 【JCB限定】10,000円分のポイント(リクルートポイント※週末限定)
  2. 【ポイントサイト】1,200円分のポイント(週末限定)

(2022年5月14日現在)

合計で最高11,200円分のポイントがもらえます。では、それぞれ確認しましょう。

 

①【JCBブランド+週末限定】対象カード作成だけでリクルートカード10,000円分プレゼント

リクルートカード作成で週末限定10,000ポイント

 

リクルートカード作成でリクルートポイントがもらえるキャンペーンを、JCBブランド限定で行っています。

普段は6,000ポイントもらえるところ、土日のみ8,000ポイントか10,000ポイントにアップするキャンペーンを開催しています。

 

項目内容
特典リクルートポイント10,000円分
期間常時6,000円分以上(週末はポイント数UP)
ポイントの内訳
  1. リクルートカード新規入会で1,000ポイント
  2. はじめてのカード利用で3,000ポイント(作成後60日以内に利用)
  3. 携帯電話料金の支払いで4,000ポイント(作成翌日から60日以内)
備考

このように通常は6,000ポイントですが、週末の入会限定でにポイントアップしています。

ポイントアップは毎週開催していますが、8,000 or 10,000円分の高ポイントの時期に作成するのが理想ですね。

カードを作成したら、60日以内にカード利用と、できれば携帯電話料金の設定を済ませましょう。

 

②カード作成でポイントサイトのポイントをもらう

リクルートカードの作成時に、ポイントサイトを経由することで、ポイントサイト独自のポイントがもらえます。

 

ポイントサイトを通してカード発行する際にはこれらに気をつけましょう

 

獲得ポイントは変動しますが、週末のみポイントアップして、6,000円分程度のポイントをもらうことができます。

ポイントサイト名(順不同)獲得ポイント数
ちょびリッチサイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ1,100円分のポイント
モッピーモッピー!お金がたまるポイントサイト1,000円分のポイント
ポイントタウンポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン1,000円分のポイント
ハピタスハピタスのバナー1,200円分のポイント
ポイントインカムポイントサイトのポイントインカム1,100円分のポイント 
 ECナビ毎日貯まるポイントサイト ECナビ320円分のポイント
アメフリお小遣い稼ぎするならアメフリ!登録無料!スキマ時間でポイント貯めて、銀行振込・ギフトコードに交換!800円分のポイント 
ワラウポイ活ならワラウ600円分のポイント
ニフティポイントクラブニフティポイントクラブへ無料登録1,000円分のポイント
げん玉500円分のポイント

全てのポイントサイトで、ポイントがもらえるリクルートカード。

中でも多くのポイントを獲得できるポイントサイトは、ハピタスで1,200円分です。

 

【不安定】2022年2月11日に、2021年12月以降の週末限定ポイントアップした後は単発でポイントアップ

2021年11月までは、リクルートカード作成案件は、週末のリクルートポイントのポイントアップに合わせて、ポイントサイトも各社ポイントアップしていました。

平日は1,000円台のところ、週末は5,000円台など、大幅のアップでした。

それが、2021年12月以降は約2ヶ月以上もポイントアップもなく、このままリクルートカードはポイントサイトから対象外となってしまうかもという心配もありました。

2022年2月11日~13日、2ヶ月ぶりにポイントアップし、多くのポイントサイトで5,000円分のポイントがもらえました。

しかし一転、2月19日からの週末ではポイントアップとはならず、2月25日から再度ポイントアップしました。

このように単発でポイントアップするような傾向となっています。

参考までに、以降どのタイミングでポイントアップしたかを紹介します。

ポイントアップ日程リクルートポイントポイントサイト最高ポイント
2022年2月11日~13日8,000ポイント5,000円分(ポイントタウン)
2022年4月2日~3日8,000ポイント5,200円分(ポイントタウン)
2022年4月9~10日8,000ポイント5,200円分(ポイントタウン、モッピー、ワラウ)
2022年4月16~17日8,000ポイント5,000円分(ポイントタウン)
2022年5月7日~8日8,000ポイント5,000円分(ポイントタウン)

4月になってポイントアップの頻度が増えてきています!

こうみると、リクルートポイントが8,000円分の時にしか、ポイントサイトでポイントアップしない傾向があることが分かります。

 

ポイントサイト「ハピタス」についてまとめました

ハピタスとはポイントサイトの一つ。ECサイトなどネットショッピング・旅行予約サイトなどを利用する方には是非覚えておいて欲しいサイトです。

ハピタスを経由して、各サイトでお買い物すると、❶ショッピングサイトのポイント、❷クレジットカードのポイント、これに加えて❸ハピタス独自のポイントまでもらえてポイントの3重取りが可能になります!

これはどのポイントサイトも一緒ですが、その違いは還元率にあります。

他ポイントサイトによくある、ゲームやアンケートなどの広告を極限までなくして、お買い物などの広告に特化することで、還元率を最大にしたいわゆる「お買い物特化版サイト」と呼べるのがハピタスです。

サイトを覗くと、そのシンプルな構成とともに目に付くのが、ショッピングサイトのポイント還元率の高さ!

中でも、このようなコンテンツがお得な内容になっています。

【ハピタスのお得なコンテンツ】

  • 期間・参加人数限定で大幅ポイント還元される「みんなdeポイント」こちらに詳細を記載
  • 商品自体が最大70%なのに、ポイント還元率も10%(5%の場合も)という意味不明なお得さ「ハピタスアウトレット」こちらに詳細を記載
  • 外食のアンケートとレシートをフィードバックするだけで、食事代が最大100%還元される「モニター」こちらに詳細を記載
  • 毎月宝くじを引いて、最大30,000円のポイントがもらえる「ハピタス宝くじ」こちらに詳細を記載
  • 毎月8、9、10日は対象ショップが全て8%以上還元される「ハピタスデー」

 

ハピタスの魅力をほぼ網羅した記事です

 

リクルートカードが一番お得なハピタスをはじめる

 

 

現在、リクルートカードを作成した方が良いの?作るとしたらどのポイントサイト?

では、リクルートカードは現在作り時なのでしょうか?作るとしたらどのポイントサイトが良いのでしょうか?

 

ポイントサイト経由、リクルートカード作成のヒント

筆者の経験からは、2022年5月14日現在、リクルートカードを作るタイミングではありません。

リクルートポイント週末のポイントアップの10,000円分は高いですが、ポイントサイトのポイントは最低水準の1,000円台。

作成するなら、「ハピタス」経由でリクルートポイント最大10,000円分+ポイントサイトのポイント1,200円分=最大計11,200円分もらえます!

 

リクルートカード作成がポイントサイト業界一お得な「ハピタス」を利用する

 

 

カード作成以外でもポイ活を楽しもう

ポイントサイトでは、クレジットカード作成案件以外にも多くのポイントの貯め方があります。

ショッピング、光回線の新規開通、旅行予約、外食モニター、無料会員登録など。

多くの出費が、ポイントサイト経由でお得になります。

こちらのカテゴリに、豊富なコンテンツが揃っていますので、ご確認のうえ是非一番高いポイントのサイトからご利用ください。

 

 

広告

ポイントサイト経由でお得な、他のクレジットカード一覧

この楽天カードの他にも、ポイントサイト経由でお得なクレジットカードがいくつもあります。

ここでは、その代表的なもの、お得なものを紹介します。

 

【筆者がオススメするクレジットカード一覧】

 

これらのカードはどれもそれぞれ特長がありますので、使い分けすれば複数持ちも可能。時間を数か月おいて、複数作成することも考慮したいですね。

※詳しい内容と特長はサイドバーや各ページからご覧ください。

ちなみに筆者は楽天カードとイオンカードの使い分けをしています。これだけでもとても生活がお得感満載ですし、ネットショッピングは楽天カード、実店舗はイオンカードとはっきりした区別がついています。

 

ポイントサイト経由で作成をオススメするカードはこれ

 

まとめ~リクルートカードはポイントを最高にもらえるタイミングで作成しよう~

本日は、リクルートカードを作成するうえで、ポイントをたくさんもらう方法を紹介しました。

リクルートカードは、ポイント還元が1.2%(ポンパレモール、じゃらんはさらに高還元)と年会費が無料ながら、高還元がウリのクレジットカードです。それ以外にも、リクルートポイント、dポイント、Pontaポイントの3種類のポイントサービスに交換でき、様々なシーンで利用できる特長があります。

作成する場合は、リクルートポイントとポイントサイトのポイントの両方をしっかりもらえるよう、キャンペーン時期を確認してお得にリクルートを作成しましょうね!

この記事が、少しでも読者の皆さんのお役に立てると幸いです。

もし、様々なクレジットカードを作成するうえで、どのポイントサイトを利用するか迷った方がいれば、筆者が力強くオススメするのは、「ハピタス」です。多くのクレジットカードで最高峰の還元率を安定して誇っているポイントサイトです。

 

ハピタスの魅力をほぼ網羅した記事です