dカードはどのポイントサイトでいつ作成がお得?

docomoユーザーなら必ずチェックしたいお得なカード「dカード」。

そのdカードは、年会費無料、利用金額100円ごとに1ポイント貯まる、ケータイ補償など、多くのメリットがあります。

dカードGOLDの年会費11,000円と比べると、メリットがやや落ちますが、年会費無料ですので十分な内容となっています。

dカードを作成する際には、ポイントサイトを経由することで、ポイントサイト独自のポイントがもらえます。その獲得ポイントは時期によって変動して、最高時には10,000円分程度のポイントがもらえることもあります

今回の記事ではdカードのお得な作成の方法、タイミングについて紹介していきます。

それでは、お時間の許す限り最後までご覧ください。

 

【特にこの記事を読んでほしい方】

  • docomoユーザー最高のクレジットカードについて知りたい方
  • dカード作成でより多くのポイントをもらいたい方
  • dカードの特長やdカードGOLDとの違いについて知りたい方
  • クレジットカードを新たに作成しようと考える方

 

広告

クレジットカード「dカード」はdocomoユーザー必携!

dカードの画像

 

では、まず「dカード」の基本情報とお得な理由を紹介します。

 

dカードの基本情報

まずはdカードの基本情報を見ていきましょう。

比較のために一般カード「dカードGOLD」と一緒に表記します。

名称dカードdカードGOLD
国際ブランドVisa/MastercardVisa/Mastercard
入会対象者
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
  • 満20歳以上(学生は除く)で、“安定した継続収入”があること
  • 個人名義であること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
年会費 永年無料11,000円(税込)
旅行付帯保険
  • (海外旅行)29歳以下の方のみ 最大2,000万円…海外旅行中のケガや病気による治療費や損害賠償
  • (国内旅行)29歳以下の方のみ 最大1,000万円…不慮の事故や、ご利用航空機の遅延によって生じた費用
  • (海外旅行)最大1億円…海外旅行中のケガや病気による治療費や損害賠償
  • (国内旅行)最大5,000万円…不慮の事故や、ご利用航空機の遅延によって生じた費用
 ショッピング補償年間100万円まで年間300万円まで
ポイントサービスdポイント
基本ポイントカード利用金額:100円(税込)=1ポイント(1%還元)

※一部提携ショップなどで2ポイント(2%)貯まる

その他
  • dカードケータイ補償…購入後1年間最大1万円
  • 不正使用の被害にも、会員補償制度がある
  • VJデスク(旅のサポート)
  • 毎月15日締め切りで、翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)支払い
  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10%ポイント還元
  • dカードケータイ補償…購入後3年間最大10万円
  • 国内・ハワイの主要空港でラウンジを無料で利用
  • 不正使用の被害にも、会員補償制度がある
  • VJデスク(旅のサポート)
  • 毎月15日締め切りで、翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)支払い
公式ページdカードの公式ページdカードGOLDの公式ページ

 

特徴としては、年会費が無料ながら、1%ポイント還元(提携ショップでは2%)、ケータイ補償があるなどのメリットを受けられます。

その他にも、29歳以下の方には旅行・ショッピングの保険があります。

 

dカードは高校生を除く、満18歳以上で作成できる

dカードを作成できる対象者は以下のようになっています。

【dカード作成可能な者】

  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること

dカードGOLDが「満20歳以上(学生は除く)で、“安定した継続収入”があること」という条件であるのに対して、dカードは満18歳以上であれば高校生以外なら、ほぼ作成できるということ。

収入制限がありませんので、規約上は大学生や主婦にも作成が可能ということです。

 

dカードのポイント還元

dカードゴールドはポイント1%還元+特約店ポイントなど

dカードは、dカードGOLDと同様のポイント還元率です。

基本ポイントが1%ですが、特約店ポイントでさらにポイントが貯まりやすいのが特長です。

【dカードのポイント還元(特約店)】

  • マツモトキヨシ:100円(税込)ごとに3%
  • 紀伊国屋書店:100円(税込)ごとに2%
  • ENEOS:200円(税込)ごとに1.5%
  • JAL:100円(税込)ごとに2%
  • スターバックスカード:100円(税込)ごとに4%

dカードの特約店はこちらのページでご確認ください。

このように、基本1%の還元率ですが、店舗によっては多くのメリットがあります。

是非特約店を調べて利用しましょう。

 

「d払い」×「dカード」でポイント3重取り!還元率2.5%

dカードの3重取り(2.5%)

dカードは、「d払い」×「dカード」を組み合わせることで、ポイント3重取り=2.5%還元となります。

【dカードのポイント3重取り(ポイント2.5%還元)】

  • d払いのお支払い方法にdカードを設定で1.0%
  • dポイントカード提示で1.0%
  • d払いでのお支払いで0.5%
  • 合計2.5%還元

d払いの支払い方法を、是非dカードに設定してお使いください。

 

dポイントを使える店舗は拡大中!

dポイントが利用できる店舗

dポイントが利用できる店舗2

dポイントが利用できる店舗3

dポイントが利用できる店舗4

dポイントは多くの店舗で使え、さらに拡大中です。

【dポイントが使える店舗(例】

  • ケンタッキー・フライド・チキン
  • モスバーガー
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • 吉野家
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ガスト
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • 平和堂
  • やまや

このように、多くの有名店でdポイントが使えます。

上記の特約店とdポイントが使える店舗は、異なることがあるのでご注意ください。

 

ドコモユーザーは最大1万円の携帯電話補償が付帯

dカードには、ドコモのケータイ補償があります。

【dカードGOLDのケータイ補償】

  • ケータイが紛失、盗難、修理不能(水濡れ・全損など)などになった場合、購入から1年以内であれば最大1万円を補償
  • docomoユーザー限定の保証制度
  • dカードに紐づいている携帯電話番号の端末かつドコモで購入履歴が確認できる端末
  • 同一機種・同一カラーを代替え購入する場合のみ対象(同一機種・カラーがない場合はドコモ指定端末)
  • ドコモショップまたは別途指定される故障修理受付が可能な販売店舗での購入のみ補償対象
  • 補償可否はドコモで審査あり

このように、ケータイ補償があるといいつつ、購入から1年以内の最大1万円補償ですので、あまり重宝するサービスではないかもしれません。

一方のdカードGOLDでは、「購入から3年以内の最大10万円補償」ですので、ポイント還元よりも大きなメリットに感じている方も多いようですね。

 

年間11,000円の年会費を払えるなら、「dカードGOLD」はドコモユーザーにとって圧倒的にメリットが多い!

年間11,000円の年会費を払える余裕があるなら、dカードGOLDの所持も視野に入れましょう。

では、dカードGOLDのメリット一覧を紹介しましょう。

【dカードGOLDのメリット一覧】

【ドコモユーザー】

  • 毎月のドコモケータイとドコモ光の利用料金10%分のポイント還元
  • ドコモユーザーの家族がいれば、家族カードでも10%分のポイント還元
  • ドコモの月額サービス(DAZN・ひかりTV・dマガジン など)で10%分のポイント還元
  • ドコモケータイの支払先に設定すればケータイ月額利用料が割引
  • 3年間、最大10万円のケータイ補償

【ahamoユーザー】

  • 毎月のケータイ利用料金10%分のポイント還元(上限300ポイント/月)
  • ボーナスパケット特典(+5GB/月)
  • 3年間、最大10万円のケータイ補償

このように、ドコモおよびahamoユーザーなら、多くのメリットがあります。

ドコモユーザーなら年会費11,000円を支払うだけのメリットはあるということで、dカードGOLDの所持も視野に入れましょう。

 

ドコモユーザーなら年会費11,000円(税込)のdカードGOLDが、多くのメリットあり!

 

【2022年9月26日】ポイントサイト経由のポイント2重取り状況

dカード作成を決めたら、次は実際にクレジットカードの作成です。

dカードの作成時には、期間限定でdポイントがプレゼントされるキャンペーンを開催していることがありますが、これに加えてポイントサイトのポイントまでもらうことができます。

時期にもよりますが、合計10,000円分程度のポイントがもらえる場合もありました。現在はというと。

 

【dカード作成でもらえるポイント】

  1. 利用金額の15%分(最高4,000円分のdポイントプレゼント)
  2. ポイントサイトのポイント(最高6,800円分のポイント)

合計10,800円分のポイント

(2022年9月28日現在)

では、それぞれ確認しましょう。

 

①利用金額の15%分(最高4,000円分のdポイントプレゼント)

dカード作成キャンペーン(2022年8月)

 

項目内容
キャンペーン内容dカード入会キャンペーン
特典ご利用金額の15%(最大4,000円相当のdポイント)プレゼント
開催期間常時開催
条件
  1. Webからカード新規発行
  2. カード使用:カード入会月の翌々月末に、エントリーおよびクレジットカードでのお買い物利用
キャンペーンページ詳細はキャンペーンのページへ

 

このキャンペーンは、通常キャンペーン4,000円分がもらえるものです。

ちなみに15%還元のカードで、4,000円分獲得しようとすると、26,666円分の利用が必要です。

 

②カード作成でポイントサイトのポイントをもらう

カード作成時に、ポイントサイトを経由することで、ポイントサイト独自のポイントがもらえます。

 

ポイントサイトを通してカード発行する際にはこれらに気をつけましょう

 

獲得ポイントは変動しますが、時期によっては6,000円分程度のポイントをもらうことができます。

ポイントサイト名(順不同)獲得ポイント数
ちょびリッチdカード サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ6,800円分のポイント
モッピーdカード モッピー!お金がたまるポイントサイト6,800円分のポイント
ポイントタウンdカード ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン6,800円分のポイント
ハピタスdカード ハピタスのバナー6,800円分のポイント
ポイントインカムdカード ポイントサイトのポイントインカム6,800円分のポイント
 ECナビdカード 毎日貯まるポイントサイト ECナビ6,800円分のポイント
アメフリdカード お小遣い稼ぎするならアメフリ!登録無料!スキマ時間でポイント貯めて、銀行振込・ギフトコードに交換!100円分のポイント
ワラウdカード ポイ活ならワラウ6,800円分のポイント
ニフティポイントクラブdカード ニフティポイントクラブへ無料登録【参考】6,800円分のポイント
げん玉dカード げん玉のバナー【参考】100円分のポイント

全てのポイントサイトで、3,000ポイント以上がもらえるdカード。

中でも多くのポイントを獲得できるポイントサイトは、ハピタス、ポイントタウン、モッピーなどで6,800円分です。

ここ最近は、平日にポイントアップする傾向にあります。そして、6,000円台分獲得できるサイトが日替わりになっているのも特徴です。

同じポイント数なら、特に利用をオススメするのは、ポイントが断然貯まりやすいハピタスです。

※dカードのポイントは変動しやすいので、ご注意ください。

※げん玉、ニフティポイントクラブはポイント交換しにくいので、参考までに掲載。

 

ハピタスはネットショッピングもクレカ作成も超お得なポイントサイト!

ハピタスって何?という方に簡単に紹介します。

ハピタスとはポイントサイトの一つ。ECサイトなどネットショッピング・旅行予約サイトなどを利用する方には是非覚えておいて欲しいサイトです。

ハピタスを経由して、各サイトでお買い物すると、❶ショッピングサイトのポイント、❷クレジットカードのポイント、これに加えて❸ハピタス独自のポイントまでもらえてポイントの3重取りが可能になります!

これはどのポイントサイトも一緒ですが、その違いは還元率にあります。

他ポイントサイトによくある、ゲームやアンケートなどの広告を極限までなくして、お買い物などの広告に特化することで、還元率を最大にしたいわゆる「お買い物特化版サイト」と呼べるのがハピタスです。

サイトを覗くと、そのシンプルな構成とともに目に付くのが、ショッピングサイトのポイント還元率の高さ!

中でも、このようなコンテンツがお得な内容になっています。

 

【ハピタスのお得なコンテンツ】

  • クレジットカード作成がどこよりもお得なポイントサイト
  • ECサイトでのショッピングのお得さが最高峰!
  • 期間・参加人数限定で大幅ポイント還元される「みんなdeポイント」こちらに詳細を記載
  • 商品自体が最大70%なのに、ポイント還元率も10%(5%の場合も)という意味不明なお得さ「ハピタスアウトレット」こちらに詳細を記載
  • 外食のアンケートとレシートをフィードバックするだけで、食事代が最大100%還元される「モニター」こちらに詳細を記載
  • 毎月宝くじを引いて、最大30,000円のポイントがもらえる「ハピタス宝くじ」こちらに詳細を記載
  • 毎月8、9、10日は対象ショップが全て8%以上還元される「ハピタスデー」…こちらに詳細を記載

 

ハピタスの魅力をほぼ網羅した記事です

dカード ハピタスの認定バナー(2022年9月)

こちらのバナーからの登録で最高2,110円分のポイントがもらえます。

 

ポイントサイト経由で、dカード作成のポイント承認条件

では、ポイントサイトのポイントが承認される条件をみてみましょう。

【ポイント獲得条件】
新規カード発行完了
※お申込み後、60日以内にカード発行された方が対象です。
※ドコモキャリアをお持ちでいない方も、「dアカウント」発行後のカード発行で対象となります。
※家族カードをお持ちの方でも、ご本人名義の本カード発行が初めての場合のみ対象となります。

◆カード申込までの流れ
・dアカウントをお持ちの方⇒dアカウント入力+お申込み⇒カード受取
・dアカウントをお持ちでない方⇒dアカウント発行⇒dアカウント入力してお申込み⇒カード受取

【ポイント却下条件】
不備・虚偽・キャンセル・架空・不正・解約・いたずら・重複(IP/住所)・お申込み後、60日以内にカード発行に至らなかった場合 ・その他カード発行に至らない場合、審査未通過の場合・過去に対象券種で発行いただいた事のある方・家族カードの新規お申込み・同一人物の2回目以降のお申込み(家族カードも同様)・過去にdカード(DCMXカード)を所持したことがある方・dカード(DCMXカード)を現在お持ちの方などは不可。
※「DCMX カード」から「dカード」への変更は、対象外となります。
※「dカード GOLD」「DCMX GOLDカード」を退会しての「dカード」へのお申込みは、対象外となります。
※家族カードのみのお申込みは、対象外となります。(ただし、家族カードをお持ちの方でも、ご本人名義の本カード発行が初めてであれば対象となります。)
※入会申込書等「オンライン入会」以外からのお申込みは、対象外となります。

引用:ハピタスのdカードページ

 

現在、dカードを作成した方が良いの?作るとしたらどのポイントサイト?

では、dカードは現在作り時なのでしょうか?作るとしたらどのポイントサイトが良いのでしょうか?
ポイントサイト経由、dカードGOLD作成のヒント

筆者の経験から、2022年9月26日現在、dカードを作るべきタイミングです。

ポイントサイトでの獲得ポイントは変動しやすいですが、平日にポイントアップするため、ポイントアップ時期以外の作成は控えましょう。平日でもポイントアップしているサイトが変動しますので要注意です。ハピタスが6,800円分になったときに作成をオススメします。

作成するなら、「ハピタス」経由でdポイント最大4,000円分+ポイントサイト6,800円分=最大計10,800円分もらえます!

 

dカードがお得なハピタスをはじめる

 

広告

 

ポイントサイト経由でお得な、クレジットカードや広告案件

このカードの他にも、ポイントサイト経由でお得な案件はいくつもあります。

 

ポイントサイトでお得なクレジットカード一覧

ポイントサイト経由でお得なクレジットカードはこのようなものがあります。

 

【筆者がオススメするクレジットカード一覧】

 

これらのカードはどれもそれぞれ特長がありますので、使い分けすれば複数持ちも可能。時間を数か月おいて、複数作成することも考慮したいですね。

※詳しい内容と特長はサイドバーや各ページからご覧ください。

ちなみに筆者は楽天カードとイオンカード、三井住友カード(NL)の3枚持ちで使い分けをしています。これだけでもとても生活がお得感満載ですし、ネットショッピングは楽天カード、実店舗はイオンカードとはっきりした区別がついています。

 

ポイントサイト経由で作成をオススメするカードはこれ

 

カード作成以外でもポイ活を楽しもう

ポイントサイトでは、クレジットカード作成案件以外にも多くのポイントの貯め方があります。

ショッピング、光回線の新規開通、旅行予約、外食モニター、無料会員登録など。

多くの出費が、ポイントサイト経由でお得になります。

こちらのカテゴリに、豊富なコンテンツが揃っていますので、ご確認のうえ是非一番高いポイントのサイトからご利用ください。

 

 

【参考記事】リアルタイムでお得な広告サービスを紹介

月初めはポイ活で利用広告がポイントアップしているかも!

この他、ポイントサイトではお得な案件が刻々と変化します。

期間限定でのポイントアップや1日のみポイントアップというものが、サイト毎にたくさんピックアップされています。

あなたの利用したい広告が、利用しようと思った時点でポイントが下がっているなんてことになると目も当てられません。

是非リアルタイムで、お得なポイ活案件を把握しておきましょう。

人気案件に関しては、下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

 

【参照記事】広告案件のポイントアップはリアルタイムで把握しておこう!

 

まとめ~dカードはポイントを最高にもらえるタイミングで作成しよう~

今回は、dカードを作成するうえで、ポイントをたくさんもらう方法を紹介しました。

dカードは、docomoユーザー専用のクレジットカード。基本1%ポイント還元+特約店のポイントバックに加え、「d払い」×「dカード」でポイント3重取り=還元率2.5%になるクレジットカードです。

docomoユーザーならこのdカードか、年会費11,000円分支払いが可能なら確実なメリットがある「dカードGOLD」も視野に入れて作成しましょう。

作成する場合は、dポイントとポイントサイトのポイントの両方をしっかりもらえるよう、キャンペーン時期を確認してお得に作成しましょうね!

この記事が、少しでも読者の皆さんのお役に立てると幸いです。

もし、様々なクレジットカードを作成するうえで、どのポイントサイトを利用するか迷った方がいれば、筆者が力強くオススメするのは、「ハピタス」です。多くのクレジットカードで最高峰の還元率を安定して誇っているポイントサイトです。

 

ポイントサイト経由で作成をオススメするカードはこれ