ポイントサイトでヤフーカード作成はいつがいい?21/5/15最新

ヤフー経済圏でお得になって、唯一PayPay残高にチャージできるクレジットカードは何かご存知ですか?

その名の通り、「ヤフーカード」がそれで、Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント3倍などのメリットもあって人気なクレジットカードです。

このヤフーカードを作成する際には、ポイントサイトを経由することでポイントサイト独自のポイントがもらえるタイミングがあります。その獲得ポイントは時期によって変動して、最高時には15,000円分程度のポイントがもらえることも(もらえないことも)あります

今回の記事ではヤフーカードのお得な作成の方法、タイミングについて紹介していきます。

それでは、お時間の許す限り最後までご覧ください。

【特にこの記事を読んでほしい方】

  • ヤフー経済圏を利用する全ての方、Tポイントを利用する全ての方
  • とてもお得なクレジットカード「ヤフーカード」を利用したい方
  • これからクレジットカードを作成しようと考えている方
  • ポイ活をしたい方

 

広告

クレジットカード「ヤフーカード」がお得な理由

 

ヤフーカード

では、まず「ヤフーカード」の基本情報とお得な理由を紹介します。

 

ヤフーカードの基本情報

まずはヤフーカードの基本情報を見ていきましょう。

名称ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)
国際ブランドVisa/JCB/Mastercard
入会対象者満18歳以上(高校生は除く)※未成年の方は親権者の同意が必要です。
年会費永年無料 ※家族カードも同様(人数制限なし)
付帯保険(ショッピング)
※旅行保険なし
海外:最高100万円
国内:最高100万円
基本ポイントカード利用金額 100円(税込)=1ポイント
貯まるポイントTポイント
支払い日月末締め/翌月27日払い
備考2021年度に「PayPayカード」に名称変更予定
ETCカードは年会費550円

年会費無料、Tポイントが貯まる、国際ブランドも主要3種類から選択可能と、比較的入会しやすくて利便性が高いのが特徴ですね。

では、次にヤフーカードの特長(強み)を紹介します。

ヤフーカードの特長(強み)は何たってヤフー経済圏で強い!

ヤフーカードはTポイント一体型でTSUTAYAでの利用も可能

では、ヤフーカードの特長(強み)ついて紹介します。

【ヤフーカードの強み】

  • Tカード一体型でTSUTAYAのレンタル機能も追加できる
  • Tポイントが貯めやすい(クレジットカード&Tカードのダブルでポイントゲット)
  • PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード
  • PayPayでヤフーカード決済するとPayPayボーナス0.5%〜1.5%が付与
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOの利用で常時ポイント3%
  • 公共料金・税金などの支払いで1%(100円につき1ポイント)貯める
  • プラチナ補償(ヤフーカードで買ったもの・サービスに18種類のプラチナ級の補償)

「ヤフーカード」は、年会費永年無料、Tカードが貯めやすい、PayPay残高にチャージできる、Yahoo!ショッピングやLOHACOがお得など、多くの場面(特にヤフー経済圏)で活躍するクレジットカードです。

近日中にPayPayカードとして生まれ変わる予定で、さらに利便性とお得さがアップすることが予測されます。

 

さらに詳しくヤフーカードを紹介した記事はこちら

 

【2021年5月1日現在】ポイントサイト経由でポイントの2重取りの内容

ヤフーカードの作成を決めたら、次は実際にクレジットカードの作成です。

ヤフーカードの作成時には、期間限定でTポイントがプレゼントされるキャンペーンを開催していることがありますが、これに加えてポイントサイトのポイントまでもらうことができます。

時期にもよりますが、合計10,000円分程度のポイントがもらえる場合もありますので、ご注意ください。

【ヤフーカード作成でもらえるポイント】

①最高7,000円分のPayPayボーナス ※21年3月の10,000円分は終了

②ポイントサイトのポイント(最高3,000円分強のポイント)

①+②合計:10,000円強分のポイント

(2021年5月15日現在)

では、それぞれ確認しましょう。

 

①カード作成でPayPayボーナスがもらえるキャンペーン

ヤフーカード入会で7,000円分のPayPayボーナス

 

ほぼ常時ヤフーカードの入会キャンペーンを行っています。

【新規入会キャンペーンの概要】

期間:常時 2021年3月の最大10,000円分のキャンペーンは終了
内容:
①期間中に入会した方全てに2,000PayPayボーナスプレゼント
②申込月を含む2か月目の末日までに3回利用で、PayPayボーナス5,000プレゼント

詳細は公式ページを参照ください

このように、全員に2,000PayPayボーナス、3回利用で5,000PayPayボーナスのプレゼントというキャンペーンを常時開催しています。

これだけでも十分という感じのキャンペーンですが。これで満足してはいけません。

記事タイトルにもあるように、これとは別にポイントサイトのポイントももらうことができますので、記事を最後までご覧ください!

 

②カード作成でポイントサイトのポイントをもらう

ヤフーカード作成時に、ポイントサイトを経由することで、ポイントサイト独自のポイントがもらえます。

 

ポイントサイトを通してカード発行する際にはこれらに気をつけましょう

 

獲得ポイントは変動しますが、時期によっては5,000円分程度のポイントをもらうことができます。

ポイントサイト名(順不同)獲得ポイント数
ちょびリッチサイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ3,000円分のポイント
モッピーモッピー!お金がたまるポイントサイト2,000円分のポイント
ポイントタウンポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン3,000円分のポイント
ハピタスその買うを、もっとハッピーに。|ハピタス3,000円分のポイント
ライフメディアライフメディアへ無料登録3,000円分のポイント
げん玉3,000円分のポイント

全てのポイントサイトで、3,000円程度のポイントがもらえるヤフーカード。

中でも多くのポイントを獲得できるポイントサイトは、「ちょびリッチ」「ライフメディア」「げん玉」「ハピタス」で3,000円分です。

 

現在、ヤフーカードを作成した方が良いの?作るとしたらどのポイントサイト?

では、ヤフーカードは現在作り時なのでしょうか?作るとしたらどのポイントサイトが良いのでしょうか?
ポイントサイト経由、ヤフーカード作成のヒント
筆者の経験からは、2021年5月15日現在、絶好ではありませんがヤフーカードを作るタイミングです。
3月中に開催されていた、PayPayボーナスが10,000円分もらえるようなキャンペーンは、当面開催されないでしょうから、いつ作成しても同様だと思います。

そして「PayPayカード」が、いつからリリースされるか、ヤフーカードにどのような影響を及ぼすかも見ておかなければなりませんね。
作成するなら、「ちょびリッチ」「ライフメディア」「げん玉」経由で、最高でPayPayボーナス7,000円分+ポイントサイト3,000円分(計10,000円分)もらえます!

 

ヤフーカード作成がポイントサイト業界一お得な「ちょびリッチ」を利用する

 

ポイントサイト経由でお得な、他のクレジットカード一覧

この楽天カードの他にも、ポイントサイト経由でお得なクレジットカードがいくつもあります。

ここでは、その代表的なもの、お得なものを紹介します。

 

カード名特徴紹介記事キャンペーン記事
楽天カード
楽天カード
言わずと知れた会員数2000万人(2021年2月現在)オーバーの日本一のクレジットカード。楽天市場での利用で常時、楽天ポイント3倍、“0と5のつく日”だと5倍になる楽天経済圏のマストアイテム。
カード作成で7,000~8,000ポイントのキャンペーンを毎月のように開催し、その時期は各ポイントサイトで10,000円程度のポイントを獲得できます。
楽天カードの作成・利用完全ガイド【最新版】ポイントサイト経由で楽天カード作成はいつすべき?
イオンカード
イオンカード
実店舗では日本一のイオンが発行するクレジットカード。イオンでの利用で「ときめきポイント」が貯まります。毎月10日の「ありが10デー」など、毎月複数回5%オフ(実質)となる機会があって、イオン経済圏でのマストアイテムです。カード作成で1,500円分の「ときめきポイント」がもらえるキャンペーンをほぼ常時開催しており、各ポイントサイトで5,000円分程度のポイントを獲得できます。イオンカードの作成・利用完全ガイド【最新版】 ポイントサイト経由でイオンカード作成はいつすべき? 
三井住友カード(NL)
三井住友カード
2021年2月に誕生した、三井住友カード初の年会費永年無料のクレジットカード。ローソン、セブンイレブンのコンビニ2社に加え、マクドナルドでの利用(決済方法は制限あり)で5%のポイント還元を実現!
2021年4月30日までは、カード作成でVポイントが最高11,000ポイントもらえるキャンペーンを実施しており、各ポイントサイトでカード発行で10,000円程度のポイントを獲得できます。
コンビニ利用5%還元の三井住友カード(NL)作成作成ガイドポイントサイトで三井住友カード(NL)作成はいつがいい? 

これらのカードはどれもそれぞれ特長がありますので、使い分けすれば複数持ちも可能。時間を数か月おいて、複数作成することも考慮したいですね。

ちなみに筆者は楽天カードとイオンカードの使い分けをしています。これだけでもとても生活がお得感満載ですし、ネットショッピングは楽天カード、実店舗はイオンカードとはっきりした区別がついています。

 

ポイントサイト経由で作成をオススメするカードはこれ

 

まとめ~ヤフーカードはポイントを最高にもらえるタイミングで作成しよう~

本日は、ヤフーカードを作成するうえで、ポイントをたくさんもらう方法を紹介しました。

「ヤフーカード」は、年会費永年無料、Tカードが貯めやすい、PayPay残高にチャージできる、Yahoo!ショッピングやLOHACOがお得など、多くの場面(特にヤフー経済圏)で活躍するクレジットカードです。今後PayPayカードとして生まれ変わる予定で、さらに利便性とお得さがアップすることが予測されます。

このイオンカードを作成するには、①PayPayボーナスがもらえるキャンペーン利用②ポイントサイト経由、以上の2つの条件を満たすだけで、(期間限定で)10,000円分のポイントを獲得できます。

PayPayボーナスとポイントサイトのポイントの両方をしっかりもらえるよう、キャンペーン時期を確認してお得にカードを作成しましょうね!

この記事が、少しでも読者の皆さんのお役に立てると幸いです。

 

ポイントサイト経由で作成をオススメするカードはこれ

獲得ポイントが変動して、どのポイントサイトを利用したら良いか分からない方へ。ハピタスを利用すればお買い物自体もポイントサイト業界随一!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

広告