シャトー・ベイシュヴェル・2012(Ch. Beychevelle)

今回のワイン紹介は、2017年に、楽天市場で購入したワイン。

ブロガーの駆け出しだった頃に、当時のブログ仲間からオススメを紹介してもらって購入したワインです。

ずっと何かの記念日に飲もうと思っていましたが、ボルドーのメドック格付けシャトーですから、飲むには早いかとワインセラーで寝かせていました。

それが後述する、アクシデントもあって、ちょうど娘の誕生日の日に飲むことに。

そのワインが、今回紹介する「シャトー・ベイシュヴェル2012」です。

娘が「私の誕生日に合わせてそろそろ飲まなきゃね」と、タイミングを合わせてくれたものだと思って、ありがたくいただきました。

早速レビューしていきますので、最後までご覧ください。

 

広告

シャトー・ベイシュヴェル・2012(Ch. Beychevelle)の概要

まずはこのワイン「シャトー・ベイシュヴェル・2012(Ch. Beychevelle)」の概要について調べていきましょう。

楽天市場では2012年ヴィンテージは既に完売になっているようですので、ヴィンテージ違いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー ベイシュヴェル [ 2017 ] ( 赤ワイン ) [S]
価格:12650円(税込、送料別) (2021/7/25時点)

※当ブログでは、ラベルや価格を確認するために楽天アフィリエイトを貼っていますが、アフィリエイトから購入することは推奨していません。

当ブログがアフィリエイトからのお買い物を推奨しない理由

 

筆者が購入したヴィンテージは2012年。もうちょっと寝かせておきたったが、アクシデントで飲むことに

シャトー・ベイシュヴェル2012

前述のように、筆者がこのワインを購入したのは、今からさかのぼること4年、2017年のことです。

我ながらよく我慢したなと思います。

普段ならすぐ飲んでしまうことでしょうけど、このワインに関してはじっくり成長(飲み頃)を待ちました。

それがちょうど娘の誕生日に、自宅のワインセラーが壊れてしまったことが飲むきっかけになりました。

間の悪いことに壊れたのが真夏でしたから、筆者のセラーの中で一番高いこのワインから、飲んでしまうことにしました。

 

シャトー・ベイシュヴェルはどんなシャトー?

シャトー・ベイシュヴェル(Ch. Beychevelle)

シャトー・ベイシュヴェル(Ch. Beychevelle)

シャトー・ベイシュヴェル(Ch. Beychevelle)

※画像は、シャトー・ベイシュヴェルのHPより引用

上の画像は、シャトー・ベイシュヴェルのホームページから拝借したものですが、これらを見ると雰囲気が伝わると思います。

シャトー・ベイシュヴェルのシャトーは、16世紀にフランスの海軍提督の城館だったこともあり、とても荘厳な雰囲気のシャトーです。

「メドックの小さなヴェルサイユ」とさえ呼ばれるほど、非常に美しいことももちろんのこと、シャトー内にある13室の客室やラ・ターブル・ド・ベイシュヴェルでのディナーなど、訪れた方をもてなすことも一流とのことです。

そして、このシャトーはサントリー社が共同出資した合弁企業が所有者となっており、日本でもなじみ深いことで有名です。

 

ボルドー・メドックの格付け4級

ボルドーの地図

画像引用:firadis

シャトー・ベイシュヴェルは、ボルドー・メドックの格付けで4級となっているシャトーです。

【メドックの格付けとは?】

メドックは、ボルドーの“左岸”の代表的な産地です。

メドックの格付けは、1855年のパリ万国博覧会にボルドーワインを出品するために、合わせて発表されました。

格付けされたシャトーは「グラン・クリュ」を名乗ることを許され、さらにその中で1級から5級までにランク分けされています。

よく聞く「ボルドーの5大シャトー」とは、この地区の格付け1級に属する五つのシャトーのことです。

4級だから大したことがないと思ってはいけません。シャトー・タルボも4級ですし、ボルドーの4級というと相場で大体1万円程度のものが多いです。

 

メドック地区のサン・ジュリアン村のワイン

 

 

ボルドー・メドックの地図

シャトー・ベイシュヴェルは、メドック地区の中のサン・ジュリアン村で作られたワインです。

サン・ジュリアンはメドックの中では作付面積900ha(ポイヤックやサンテステフ、マルゴーなどの主要産地の面積が1,100ha)以上と最も小さく、1級格付けシャトーがない村です。

しかし、ポイヤックやマルゴーといった1級格付けをもつ村に囲まれていることもあり、1級はないながらも格付けシャトー11のうち5つが2級。

ブドウ畑の80%を格付けシャトーが占めており、全体的なレベルの高さと安定した品質が魅力で、土壌は全体的に砂利質でカベルネ・ソーヴィニヨンに適していると言われています。

 

神の雫にも2度登場!軽井沢の地下にあったワイン/メドックマラソン

このシャトー・ベイシュヴェル、あの「神の雫」にも2度登場しているワインです。

一度は、軽井沢の地下にあったワインを、みやびと遠峰が絞り込んだシーン。この際には、特にワインの特徴は語られませんでした。

神の雫 シャトー・ベイシュヴェル

そして2回目は、雫が一人メドックマラソンをした際に、シャトーに立ち寄って飲んだ時です。

この時、雫は「熟成したムスクみたいな香り。スパイシーで熟成校のわりにけっこうまだ若い。」「渋いと思えば舌の上でまろやかに変化するし、ダージリンのような荒々しいタンニンとちょっとインド風のスパイスも感じられる…まるでアジアからイギリスまで荒波を乗り越えて紅茶を運び、水面を疾走する快走帆船カティーサーク号のようだ」と表現しています。

神の雫 シャトー・ベイシュヴェル

 

シャトー・ベイシュヴェルの特徴

それでは、最後にシャトー・ベイシュヴェルの概要を見ていきましょう。

商品名シャトー・ベイシュヴェル・2012(Ch. Beychevelle)
産地フランス/ボルドー/サン・ジュリアン
生産者シャトー・ベイシュヴェル
タイプ赤ワイン/フルボディ
品種カベルネソーヴィニヨン47%、メルロー44%、カベルネフラン5%、プティ・ヴェルド4%
輸入業者株式会社ラック・コーポレーション
ヴィンテージ2012
アルコール度13%
容量750ml
価格9,800円(楽天市場で購入)
その他特徴メドック格付け4級

このワインは、ハズレのヴィンテージだったようで、1万円以下で購入したものです。

今、楽天市場でシャトー・ベイシュヴェルを購入しようと思うと、どのヴィンテージでも1万円台後半はします。

 

シャトー・ベイシュヴェル・2012(Ch. Beychevelle)をレビュー!

では、ここからはこの赤ワインをレビューしていきます。

 

エチケットの雰囲気抜群!血のように濃い紫がかったガーネット色

シャトー・ベイシュヴェル

シャトー・ベイシュヴェル

 

 

シャトー・ベイシュヴェル

帆船が描かれたエチケットのセンスの良さは言わずもがな。

運搬船だけが描かれたエチケットは、その歴史の深さを物語るようで、さらに品格を感じさせます。

ボトル上部にあるQRコードを読み取ろうとしましたが、筆者のスマホからでは読み取れず。

ボトルに注ぐと、血のように濃い紫がかったガーネット色(ワインの画像は以下)。

熟成を示すガーネット色ですが、このワインはまだ超熟成のオレンジがかった、というところまではいっていません。

筆者はボルドーの濃いワインが好みですので、このような濃いワインは超好みです。

 

 

抜栓直後は若い安物ワインのような臭み、1日後にはエレガントなバニラ香とすみれのアロマ

シャトー・ベイシュヴェル

シャトー・ベイシュヴェル

期待を込めて抜栓すると、前日に飲んだ1,000円のボルドーワインと同じ、臭み・渋みを感じました。

樽香もほぼ感じられず、ガッカリ。

スワニングしてもデキャンタ―ジュしてもそれは変わらず、「これがメドック4級?」と首をかしげることになりました。

それが1日経つと、バニラ香、スミレのような甘い香りがビンビン感じられるほどに。1日でこんなにも変わるんですね。まるで別のワインのような雰囲気でした。

うっすらとタバコの葉の枯れた感じもあって、深みが感じられます。

 

味わいは1日経っても強いタンニンが表に出て、バランス感がやや欠けた印象

シャトー・ベイシュヴェル

味もアロマ同様、抜栓直後は臭みや酸味、渋みが強く、お世辞にも美味しいとは思えないワインでした。

吞兵衛の筆者がグラス1杯で終了するほどのクオリティで、とても2杯目に手を出せないものでした。

それが1日置くと、アロマがガラッと変化して、「また飲んでみよう」と思えるものに。

すると、タンニンが強めな飲み口は変わりませんが、ベリー系のコクが感じられます。アロマのようなスモーキーさ、ピーマンの味、サラッとした口当たりが好印象になっています。

それでも、タンニンが強すぎるのか、バランスがやや欠けた印象は変わりませんでした。

 

総合評価!抜栓直後と1日後の印象が変わったが、それでも飲み頃はまだ先?

このワインは、抜栓直後と1日後の変化が大きく、そのため「飲み頃はまだまだ先なのか?」ともったいないことをしたと思いました。

そもそも、ワインセラーが壊れてしまって、止む無く飲むしかなくなったのですが、もう数年寝かせておきたかったワインでした。

それでも、1日経った後のアロマ・味ともにさすがメドック4級と感じさせるものでしたし、まだまだポテンシャルは高いんだろうと感じました。

ですが、飲んだタイミングとヴィンテージが悪かったのか、タンニンが強いバランスに欠けた赤ワインだと思いました。

シャトー・ベイシュヴェル・2012(Ch. Beychevelle)の総合的評価:77点!!

【評価点数の説明】

90~100感動的なワイン!
80~89一度は飲んでみて欲しいワイン!
70~79美味しいワイン
60~69平凡なワイン
59以下買ってはいけないワイン

 

ワインの購入は楽天市場×ポイントタウンがお得!

今回ご紹介した「シャトー・ベイシュヴェル・2012(Ch. Beychevelle)」の赤ワインは、ボルドー左岸・メドック4級ワインですが、ヴィンテージが悪いのと飲む時期が早かったのか、十分なポテンシャルが感じられないタンニン強めのワインでした。

それはそうと、普段僕はワインは楽天市場で購入しています。

なぜなら、以下のメリットがあるから!

  • 重いワインを持って帰る必要がない
  • 価格が超安い!楽天市場ならポイント最大44倍(44%オフ)!
  • ポイントサイトを利用すればさらに安く購入できる
  • 他ユーザーの口コミが観られて、参考にできる
  • セット購入なら、最大12本まで無料での同梱可能
  • 安心できる店舗ならワインの保存がしっかりしている

楽天市場で購入すると、これらのメリットがあります。

ただし、同じ“楽天市場でワインを購入する”でも、月に一度開催しているセール以外ではお買い物しないようにしましょう!

その購入金額に大きな違いが出ますよ。

その根拠や、楽天市場のお得な利用方法はこちらの記事をご覧ください。

 

ポイントサイトで美味しいワイン〜ポイントタウンと楽天市場でポイ活〜

読者の皆さんは、どのECサイトを利用していますか?利用しているECサイトが、絶対にお得だという自信がありますか? 当ブロ…

 

ポイントタウンとは

ポイントタウンでは、楽天市場や楽天トラベルなど多くのECサイトを経由することで、1%~のポイントがもらえます!そのポイントは、現金や航空マイル(マイレージ)に交換可!

その他、毎日ゲームなどの利用で、確実にお小遣いを貯められます。

さらに独自の会員ランクがあって、商品購入で獲得したポイントの一定割合をボーナスポイントとしてもらえるんです!

僕はこれが「ポイントタウン」をオススメする理由!こんな高還元は他のポイントサイトにはありません!

プラチナ会員ですが、なんと15%ものポイントが上乗せされる!!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

広告