「DOUBLE “O”」JAL国際線エコノミークラスのオリジナルワイン

どうもバカワインです。

ポイントサイトでコツコツ節約して、美味しいワインを楽しんでいます。

さて、今日紹介するワインは、「DOUBLE “O”」です。

このワインは、航空会社「JAL」の国際線エコノミークラス限定で展開する、オリジナルワインです。

早速その内容を確認していきましょう。

お時間の許す限り、最後までご覧ください。

広告

「DOUBLE “O”」を紹介

それでは、「DOUBLE “O”」を紹介していきます。

まずはこのワインの特徴を見てみましょう。

「DOUBLE“O”」の赤白ワインセット※写真は拝借

 

日本航空(JAL)は2018年6月26日、国際線のプレミアムエコノミーとエコノミークラスで、オリジナルワイン「DOUBLE “O”」を提供すると発表した。ワインアドバイザーの大橋健一MWとワインテイスターの大越基裕さんが、フランスで自らブレンド作業を行い「DOUBLE “O”」を造り上げた。

航空会社はビジネス・ファーストクラスのワインリストは工夫をこらし、顧客獲得のツールとしているが、エコノミークラスは大手ネゴシアンの産業的なワインを使うケースが多い。エコノミークラスのワインのコストは1人当たり1-2ユーロしかかけられない制約があるためだ。オリジナルで生産する例は世界的にも珍しい。

「DOUBLE “O”」のブランド名は「大橋」と「大越」の頭文字をとった。2人がブルゴーニュ地方マコンのメゾンポール・サパン社とタッグを組んで、開発した。

赤の主体は果実味豊かなグルナッシュ・ノワール(57%)。シラー(24%)が酸を与え、柔らかさと豊かなタンニンを有する交配種マルセラン(9%)を加え、香り豊かなマスカット(5%)とカリニャン(5%)をブレンド。赤は柔らかく、適度なストラクチャーと厚みがある。

大越さんは「食事とお酒は機内の大きな楽しみの一つだが、これまでは選択肢が少なかった。食感の柔らかい料理が多いので、ワインをソフトなタッチに仕上げ、バランスの良さを重視した。香りを楽しむ飲み物なので、白も赤も香り高いマスカットをブレンドしたのがカギ」と語った。

引用:「WINE REPORT」より

この記事を見て、思わず笑顔になりました。

「JALはエコノミークラスの搭乗者にも、ワインの楽しみを提供してくれるんだ。」と感じると嬉しいですね。

お金をかけられないから、とりあえずチリワインか安いドメスティックワイン、という選択肢ではないということ。

しかも、日本人で2人しか取得していないというMW(マスター・オブ・ワイン)の大橋健一さんが監修したとなれば、期待できます。

僕のように国際線はエコノミーが多い方にも、ワインを楽しめる環境を作ってくれたのは朗報です。

もちろん、赤・白と2つのバリエーションがありますが、今回は赤を紹介します。

 

商品名DOUBLE “O”
産地フランス
生産者Paul Sapin (ポール・サパン)
タイプ辛口 / ミディアムボディ
品種グルナッシュ・ノワール(57%)、シラー(24%)、マルセラン(9%)、マスカット(5%)、カリニャン(5%)
輸入業者不詳
ヴィンテージNV(ノンヴィンテージ)
アルコール度13%
容量187ml
価格
その他特徴「JAL」のエコノミー・プレミアムエコノミークラス限定で提供

 

「DOUBLE “O”」を実飲!味は?香りは?美味しい?

では、実際に「DOUBLE “O”」を飲んでみましょう。

 

「DOUBLE “O”」の外観(ビジュアル)は?

まずは外観(ビジュアル)を観てみましょう。

飛行機内での「DOUBLE“O”」の半分空いたボトル

飛行機内で撮影した「DOUBLE“O”」のラベル裏

飛行機内で撮影したプラスチックコップに入った「DOUBLE“O”」赤ワイン

※画像がぼやけていて、すみません

 

エチケットは大橋健一MWと大越基裕が向かい合っているもの。

2人の真ん中に、恐らくワインがあるのでしょうね。

コストをかけずに満足のいくワインを作るため、真摯に向き合っているイメージが浮かびます。

グラスに注ぐと、色合いは淡い紫やルビー。

画像からは分かりづらいですが、向こう側がしっかり見えるくらい、薄い色合いです。

ワイングラスに注いでないので、雰囲気が分かりませんがミディアムボディであることは間違いありません。

 

「DOUBLE “O”」の香りは?

実は、このワインの香りはあまり感じませんでした。

海外旅行をする緊張と気圧の関係など、色々な要素はあるのでしょうけど、これも作り手の想定の範囲内でしょう。

 

「DOUBLE “O”」の味は?

では、実際に飲んでみます。

グルナッシュ(ガルナッチャ)主体で構成されたワインなので、果実味があふれているのかと思いきや…

まず感じられるのは、渋み。これはシラーの恩恵でしょう。

そして、プラスチックのコップ内でスワニングしてみると、果実味が後から少し湧いてきます。

辛口というよりも、比較的甘口に近いような味わい。

ただ、何かに表現できるほどのイメージが湧いてきませんでした。

 

「DOUBLE “O”」の総合的評価!

それでは、このワインの総評。

「JAL」がエコノミークラスのみで展開しているワインの「DOUBLE “O”」。

何かこだわった特徴が見られるのかと思いきや、特別なインパクトは感じられませんでした。

それは、地上何千mという高度で嗅覚と味覚が麻痺したのが原因なのか、そういう味を狙ったのかは不明。

恐らく、エコノミーの食事に合わせることも踏まえて、個性をなくしたのもあったと思います。

いずれにしても、JALはエコノミークラスでもワインを楽しめる、特別な航空会社ということは分かりました。

一度、地上でも味わってみたいと思いました。

「DOUBLE “O”」の総合評価=65点!

【評価点数の説明】

90~100感動的なワイン!
80~89一度は飲んでみて欲しいワイン!
70~79美味しいワイン
60~69平凡なワイン
59以下買ってはいけないワイン

 

まとめ~ワインの購入は楽天市場×ポイントタウンがお得!

今回ご紹介した「DOUBLE “O”」は、JALのエコノミークラス限定で作られた特別なワイン。

気圧の問題か、エコノミークラスの食事を意識してか、平凡で特に個性のない赤ワインでした。

それはそうと、普段僕はワインは楽天市場で購入しています。

なぜなら、以下のメリットがあるから!

  • 重いワインを持って帰る必要がない
  • 価格が超安い!楽天市場ならポイント最大42倍(42%オフ)!
  • ポイントサイトを利用すればさらに安く購入できる
  • 他ユーザーの口コミが観られて、参考にできる
  • セット購入なら、最大12本まで無料での同梱可能
  • 安心できる店舗ならワインの保存がしっかりしている

楽天市場で購入すると、これらのメリットがあります。

ただし、同じ“楽天市場でワインを購入する”でも、月に一度開催しているセール以外ではお買い物しないようにしましょう!

その購入金額に大きな違いが出ます。

その根拠や、楽天市場のお得な利用方法はこちらの記事をご覧ください。

 

楽天市場をお得に使い倒す方法を詳しく紹介した記事です

 

数あるポイントサイトの中でも、ポイント還元率やポイント交換手数料(無料)、会員ランクなどで最も優れているのが「ポイントタウン」!

ポイントタウンは、16歳以上の方なら誰でも無料でお小遣い稼ぎができるサイトです。

PC版、スマホ版、アプリ版(モバイルにインストール)の3種類で活用できます。

特に友達紹介制度と会員ランキング、ポイント交換(無料で100円から交換可能)などが最高にお得!

ネットショッピング(ECサイト)を利用している方は、ポイントサイトを経由すると、いつものポイントが最高+15%お得になりますので、是非利用しましょう!

その中でも楽天市場との相性がなにより最高!会員ランク制度の分、他のポイントサイトよりもお得ですので、楽天市場を利用している方はまずポイントタウンと連携しておきましょう!

 

【ポイントタウンの強み一覧】

その詳細と攻略法はこちらの記事をご覧ください。

 

ポイントタウンの魅力をほぼ網羅した記事です

DOUBLE "O" ポイントタウンのバカワイン認定バナー