セシールはどのポイントサイトがお得?

昔から女性向けインナーウェアに強い「セシール」。

昔から有名なCM(「篠塚君幸せそうなの」と空耳で有名)は最近では観ることがなくなりましたが、印象深いですよね。

現在では、男女・キッズなどのインナーではない衣料、それ以外も扱うようになりましたが、未だに女性のインナー向け企業という印象があります。

今回は、その「セシール」をさらにお得に利用するため、ポイントサイト経由で申し込むには、どこがお得かを調べていきます。少しでももらえるポイントの多いポイントサイト経由で、セシールでお買い物しましょうね。

では、お時間の許す限り最後までお付き合いください。

 

【特にこの記事を読んでほしい方】

  • セシールでのお買い物で最大のポイントを獲得したい方
  • セシールでお買い物をしている方、する予定がある方
  • ポイ活をしたい方

 

広告

セシールはニフティ(nifty)の関連会社で、レディスのインナーに強いショッピングサイト

まず、セシールとはどのようなショッピングサイトかを確認しましょう。

 

セシールは21年3月にニフティの子会社になった、レディスのインナーに強いショッピングサイト

※画像はセシールより引用。画像をタップすると公式サイトにジャンプしますセシール(cecile)のロゴ

セシールの商品

2021年3月に、ニフティは総合通信販売事業を展開する株式会社セシールを子会社化しています。

これをもって、「ディノス・セシール」が「セシール(cecile)」に名称変更。

レディスのインナーだけでなく、アウター、メンズファッション、学生服、事務・作業服、収納、家具など、総合的に扱う企業になっています。

 

「『毎日 着たくなる』そんなインナーを作りたい」とオリジナル商品を開発

セシールのこだわり

セシールでは、「価格以上の満足」を合言葉にしていて、毎日着るものだからこそこだわりの一品を提供しています。

ほぼ全ての商品がオリジナルか共同開発で、物を作る会社としての誇りも持って販売しています。

1983年の創業以来、200万人のユーザーに利用されています。

 

セシールの会員ランクは全部で5段階!送料無料やポイントアップの特典

セシールの会員ランク

セシールでは、所定期間でのお買い物金額(税込み)によって、会員ランクが設けられています。

会員ランクは、通常、ブロンズ、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドと、5つの段階に分かれています。

送料無料ポイントアップといった特典があって、ランクが上がるほどお得にお買い物できるようなシステムとなっています。

 

セシールスマイルポイントは220円のお買い物で1ポイントもらえ、1ポイント=1円として利用できる

セシールスマイルポイント

セシールスマイルポイントは、220円(税込み)のお買い物ごとに1ポイント貯まります。

貯まったポイントは、次回以降のお買い物で、1ポイント=1円分として利用できます。

セシールスマイルポイントの有効期限は、ポイントを獲得した年の翌年12月31日までとなっています。

 

セシールの送料は金額に関わらず539円で、会員ランクによって無料となる

セシールの送料は、購入金額に関わらず539円(税込み)です。

前述の会員ランクで無料になるほか、ゆうパケットで割引になります。

【セシールの送料】

  • 金額に関わらず539円(税抜490円)
  • ゆうパケット(ポストに投函)220円(税抜200円) ※規定を満たすもの
  • 1回の注文金額がダイヤモンド会員・プラチナ会員は5,000円(税込)以上、ゴールド会員は8,000円(税込)以上の場合、基本配送料金が無料

 

【21/6/30】セシールの利用はどのポイントサイトが一番お得?

筆者がポイ活で活用しているポイントサイト。

多くの方法でポイントを貯めることができてお得ですが、セシールもポイントサイトの対象になります。

 

ポイントサイトって何?という方はまず読んでください

 

ポイントサイト毎のセシールのポイント還元率は?

2021年6月30日現在のポイントサイトの獲得ポイントです。

獲得ポイント数のリンクをタップ(クリック)すると、ポイントサイトの対象ページにジャンプできます。

 

ポイントサイト名(順不同)獲得ポイント数
ちょびリッチサイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ購入金額の1.0%分
モッピーモッピー!お金がたまるポイントサイト購入金額の1.5%分
ポイントタウンポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン購入金額の1.0%分
ハピタスその買うを、もっとハッピーに。|ハピタス購入金額の1.2%分
ライフメディアライフメディアへ無料登録購入金額の4.0%分
げん玉購入金額の1.0%分

現在、ライフメディアが一番お得。セシールの利用で購入金額の4%分のポイントがもらえます。

このポイントは、現金にもギフトカードにもマイルにも交換できます。

 

@niftyの光回線ご利用中の方!限定特典

ライフメディアはセシールがお得

ニフティの子会社だけあって、このような特典も追加されます。

【@nifty利用中の方限定のコンテンツ】

@nifty光、@nifty with ドコモ光、@nifty auひかりをご利用中なら「@nifty光」「@nifty with ドコモ光」「@nifty auひかり」をご利用の方は、通常の4%に加えて、さらに特典4%=8%のポイント還元を受けられる!
@niftyIDをライフメディアメンバーIDと連携する必要があります。

常時8%還元というのは、すごい破壊力ですね。

ニフティの光回線を利用している方は、是非これを知っておいてください。

 

0と5のつく日はライフメディアショッピングデー!全員にボーナス《最大1,000円相当ポイント!》

0と5のつく日はライフメディアのショッピングデー

※上の画像をタップすると、対象ページにジャンプできます

0と5のつく日は「ライフメディアショッピングデー!」として、全員にボーナス最大1,000円相当のポイントをプレゼントしています。

キャンペーン名ライフメディアショッピングデー
期間ほぼ常時開催(毎月1日に発表)
お買い物対象日0と5のつく日(5,10,15,20,25,30)
手順
  • 6月中の0と5のつく日に「ライフメディア」経由でショッピング広告を利用する。
  • キャンペーンにエントリーする ※利用とエントリーのタイミングは前後してもOK。
特典
  • 1,000円相当のポイント(10名※開催月によって異なる可能性あり)
  • 10円相当のポイント(全員)

全員が10円分のポイントをもらえるというのは、なかなかに秀逸ですね。

例えば、楽天市場でお買い物をして10円分のポイントをもらおうと思うと、1,000円分のお買い物をしなければいけません。

ライフメディア経由セシールでお買い物する際には、0と5のつく日にしましょう。

 

ライフメディアはセシールと同じ「ニフティ」が運営するポイントサイト

ライフメディアへ無料登録「ライフメディア」もセシール同様、ニフティが運営するポイントサイトです。

簡単にライフメディアの特徴を紹介します。

  • ライフメディアは、ノジマ傘下のニフティが運営
  • 12歳以上が利用可能なポイントサイト
  • ノジマ、ニフティ(nifty)、セシールのグループのサービスが断然お得!
  • ポイント交換はPex(⇒Tポイントでウエル活)、ノジマ、@nifty使用権のいずれかに絞ろう!
  • Pexへのポイント交換が2%増量で、ウエル活に最適
  • 毎日誰かに1,000円当たるコンテンツは必見!
  • ポイントタウンやハピタスとの併用で、とてもお得に!

ライフメディアは、ノジマ傘下のニフティが運営するポイントサイトです。そのため、ノジマとニフティ、そしてグループのセシールの利用が断然お得なことが強み!

また、Pexからのポイント交換で、ウエルシアがお得で“ウエル活”にも活用するとどこよりもお得!これらのサービスを利用している方はまず登録して損はありません。

 

ライフメディアの特徴はこちらに詳細を載せてあります

 

【まとめ】セシールはよりポイントが高いポイントサイト経由で利用しよう

今回は、「セシール」の利用はどのポイントサイトがお得か検証しました。

セシールはレディスのアンダーウェア専門のショップから、メンズファッションなど多くのジャンルにも幅広く手掛けているショッピングサイトです。

セシールもライフメディアも、「ニフティ」関連の会社です。そのため、セシールのお買い物はライフメディア経由が、購入金額の4%還元と(※変更の可能性あり)、どのポイントサイトと比較しても断然お得です!さらにニフティの光回線を利用していれば、8%還元と倍額され超絶の還元率になります!

セシールのお買い物はライフメディアが断然お得ですが、ライフメディアはノジマのオンラインショップ、ウエルシアの利用(ウエル活)もお得という強みがあります。

残念ながらライフメディアは、稼ぎ方が多様なバランスのよいポイントサイトではありませんが、これらの強みをしっかり理解して利用すれば、とてもお得です。

筆者としては、ポイントタウンやハピタスとの併用をオススメします。2つのポイントサイトについては、サイドバーにある説明記事をご覧ください。

 

ライフメディアの特徴はこちらに詳細を載せてあります

 

セシールの利用が最大8%となるライフメディアを利用する

 

広告